閉じる

県立トップページ > 利用する> 共同研修室の利用 

共同研修室の利用

 

共同研修室は、次のいずれかに該当するグループ(2名以上)が利用できます。

  • 新潟県立図書館所蔵の歴史資料等(貸出のできない資料)を利用して調査研究を行うグループ

  • あらかじめ利用団体の登録をしているグループ(以下「利用登録団体」という)

    「利用登録団体」の資格と登録について

    • 利用日の14日前の時点で共同研修室が空いている場合に限り、次の条件に該当するその他のグループ
      • 文化、社会教育、ボランティア等のグループであること。
      • 営利目的や企業活動、料金を徴収して行うセミナーや物品販売、勧誘、キャッチセールスに類似した利用に該当しないこと。
      • 手芸、工作、アロマテラピー、料理、運動(エアロビクス、ヨガ、体操を含む)、囲碁、将棋、チェス、オセロ、カードゲーム、マジック、書道、生け花、絵画、演劇、演奏、合唱など実技を伴う活動に該当しないこと。
      • グループ構成員以外の一般を対象とした活動をしないこと。
      • 布教、勧誘等やそれに類似した活動をしないこと。


 

利用申込方法

調査研究グループの場合

  • 開館時間内に電話あるいは直接カウンターの総合案内窓口で予約をすることができます。
  • 利用当日までに「共同研修室利用申請書」により申請し、許可証の発行を受けてください。
  • 利用日当日は許可証をカウンターの総合案内窓口に提示してください。

「利用登録団体」の場合

  • 利用予定日の6ヶ月前から、開館時間内に電話あるいは直接カウンターの総合案内窓口で予約を受け付けます。
  • 利用当日までに、『共同研修室利用申請書』により申請し、許可証の発行を受けてください。
  • 利用当日は許可証をカウンターの総合案内窓口に提示してください。

その他のグループの場合

  • 利用予定日の14日前の時点で空室の場合に限り、利用申請ができます。
  • 開館時間内に電話あるいは直接カウンターの総合案内窓口で空室状況をご確認ください。
  • 空きがある場合は、利用予定日の7日前までにFAXあるいは直接カウンターの総合案内窓口で『共同研修室利用申請書』により申請し、許可証の発行を受けてください。
  • 電話による予約はできません。
  • 申請書記載の内容が資格条件を満たし、かつ裏面の「利用のルール」に承諾していると認められる場合に許可証を発行します。
  • 利用当日は許可証をカウンターの総合案内窓口に提示してください。

    ※ FAXによる申請の場合には、許可証の発行までに数日を要する場合があります。
    ※ 直接カウンターの総合案内窓口での申請に限り、当日の受け付けも可能です。

共同研修室利用申請書

申請書は表面・裏面の両方をご記入ください。裏面はルール確認事項にチェックの上、署名してください。

共同研修室利用申請書(PDF237KB

 

付帯設備

共同研修室は2部屋あります。

部屋広さ定員備品
共同研修室1・249.0㎡24名長テーブル(8)、いす(24)、ホワイトボード(1)
共同研修室342.0㎡20名楕円大テーブル(1)、いす(20)、ホワイトボード(1)

※貸出が可能な備品:延長コード(2)

 

利用時間

利用できる日時は県立図書館の開館日に準じます。複数の時間帯を希望することもできます。

平日9:30~13:0013:00~17:0017:00~19:00
土曜日・日曜日・祝日9:30~13:0013:00~17:00 
 

ご利用にあたって

    • 共同研修室は図書館閲覧室の一部です。図書館内施設としての節度あるご利用をお願いいたします。不正行為や迷惑行為が発覚した場合には利用を取り消すことがあります。
    • 防音設備はありません。騒いだり大きな音を出すなどの行為は慎んでください。
    • 火気・危険物の使用を禁止します。
    • 各研修室に備え付けられた備品、「延長コード」以外は貸出できません。
    • テーブルや椅子の数の変更(追加)もできません。