閉じる

運営基本指針

新潟県立図書館運営基本指針(令和3年度~5年度)

1 地域社会への貢献
 地域に向き合い、「住んでよし、訪れてよしの新潟県」の実現を支えます。
(1) 県の行政施策と連携した取組
 ア 県の行政施策をテーマとした展示の開催
 イ 県の重点施策と関連した図書コーナーの設置
 ウ 県作成のポスター、パンフレット等の掲示・配布
(2) 文化資産としての郷土資料の収集・保存・活用
 ア 郷土資料の積極的収集・保存
 イ 越後佐渡デジタルライブラリーの充実
 ウ 郷土人物/雑誌記事索引DBの充実

2 県内図書館への貢献
 県内図書館相互で顔が見える関係づくりをし、図書館サービスの向上に取り組
みます。
(1) 県内図書館等が実施するサービスへの支援
 ア 県内図書館等の貸出サービスへの支援
 イ 県内図書館等への訪問事業
(2) 県内図書館等職員の人材育成
 県内図書館等職員対象の各種研修の開催

3 県民の生涯にわたる学びへの貢献
 誰もが尊重される共生社会の実現を目指して、県民一人ひとりの「知りたい・
読みたい」を応援します。
(1) 県民の読書環境の整備
 ア 読書が困難な県民のための利用環境整備
 イ 子どもや若い世代向けの読書推進の取組
(2) 県立図書館職員の能力の育成
 県立図書館職員の幅広い分野の研修、セミナー等への派遣



※策定の経緯など詳しくは「新潟県立図書館運営基本指針について」をご覧ください。

「新潟県立図書館運営基本指針について」(PDF:409KB)

「新潟県立図書館運営基本指針(令和3年度~5年度)」(PDF:123KB)