閉じる

> 文書館のお知らせ 

新潟県立文書館

〒950-8602 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番2号

TEL 025-284-6011(代表)/ FAX 025-284-8737

E-MAIL archives@mail.pref-lib.niigata.niigata.jp

CSS

大文字んCSS

検索

文書館のお知らせ >> 記事詳細

2015/02/05

第6回文書館教養講座「越後のサイの神」を開催しました

| by cookie
 新潟県立文書館では、平成27年2月5日(木)に、第6回文書館教養講座「越後のサイの神 ~民衆の味方であり続ける神さま~」を開催しました。

 講座の内容を概略で紹介します。
 サイの神は、現代では道祖神と同一の神とされ、防塞・防疫・行路・縁結び・子宝・五穀豊穣・学問成就・無病息災などの神性をもつ神として知られています。今回は、複雑な神性をもつサイの神の成り立ちを、『古事記』などの古代から中世までの史料を中心に追ってみました。また、近世に書かれた『八瀬竈』、『北越雪譜』などから、新潟県におけるサイの神祭の様子を探ってみました。
 新潟県では、小正月の火祭として行われる一時的なサイの神だけでなく、常駐のサイの神として道祖神塔が建立されるようになります。サイの神は村中にある身近な神さまとして人々の信仰を集め、生活を送るうえで発生する様々な願い事を一手に引き受ける頼もしい神さまとなりました。サイの神は、近代に入り政府から旧習として抑圧されていきますが、身近にあり頼もしい神さまを求める人々によって、現代に至るまで信仰され続けていきました。

 参加者の感想を一部紹介します。
Oサイの神、名前だけは知っていたが、くわしくはわかりませんでした。これをきっかけに自分でもう少し調べてみようと思います。
O身近なものなのに、わからなかったことを知ってありがたかった。
Oサイの神、道祖神の名前だけは知っていたが、意味を少し知ることができました。


講座の様子


『北越雪譜』【請求記号 E0806-356】

第3回文書館歴史講座はこちらをご覧ください。

17:14 | 平成26年度