新潟県立文書館

〒950-8602 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番2号

TEL 025-284-6011(代表)/ FAX 025-284-8737

E-MAIL archives@mail.pref-lib.niigata.niigata.jp

閉じる

> 文書館のお知らせ 

検索

文書館のお知らせ
12345
2020/03/30new

令和2年度主催講座の案内を掲載しました

| by 文書館
令和2年度に文書館にて実施予定の講座案内を掲載しました。新年度も多くの皆様のご参加をお待ちしております
なお、現在、臨時休館中のため、やむを得ず講座を中止する場合、ホームページでお知らせいたしますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
こちらの「催し物案内」からご覧ください。

13:00 | 平成31年度
2020/03/27

【重要】臨時休館期間の延長及び臨時休館期間中のサービスのお知らせ

| by 文書館
 新潟県立文書館は、県内での新型コロナウイルス感染が続いていることから、県民の皆様への感染拡大防止のため、臨時休館期間を令和2年4月1日(水)以降も当分の間、延長します。
 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

臨時休館中でも下記のサービスを実施します。

1 レファレンス
■「新潟県の歴史資料に関すること」及び「資料の保存相談」等にお答えします。
■お問い合わせの内容は、できるだけ書面(手紙・Eメール・ファックス)にてお願いします。

ただし、次の場合には対応できません。

  1. 個人若しくは団体の秘密に関わることで、公表することが不適切なもの。
  2. 資料の鑑定及び価格評価に関するもの。
  3. 懸賞問題及び学校教育における宿題や課題等の回答に関するもの。
  4. 古文書の全文解読等、回答に過大な調査を要し、文書館の業務に支障を来すおそれのあるもの。

 

2 複写物郵送サービス
(1)対象文書

■所蔵検索用コンピュータシステム(OPAC)掲載中の下記複製資料に限ります。

  1. 新聞:新聞名、発行年月日を申込書に記入(日付単位で受付)
  2. 神社・寺院・仏堂明細帳:○○明細帳、社寺仏堂名を申込書に記入(社寺仏堂単位で受付)

(2)複写物成果品
■モノクロのみ

■用紙サイズはA4・B4・A3の3種(資料の形態・大きさに合せます。原則として拡大・縮小はしません。)

(3)申込方法

■郵送またはファックスのみ(電話など口頭での申込は受け付けません)

■ホームページ上の複写申込フォーム(「複写物郵送サービス申込書」PDF)を印刷し、必要事項を記入の上、送付してください。申込後のキャンセルはできません。

■申込件数・枚数の上限は、計10件または計200枚までです。

※日本国内の方に限らせていただきます。

(4)料金

■電子式複写(コピー) A4・B4サイズ1枚25円、A3サイズ1枚50円

■送料 520円(全国一律、郵便局レターパックプラス)

(5)支払い方法

■原則として、料金は前納です(料金等計算書を送付しますので、下記事項に留意し、所定の金額を指定期日までに金融機関の窓口でお支払いください。公的機関などで、後納となる場合はご相談ください)。

  1. 申込者と同一名義でお振り込みください。
  2. 振込手数料は、お申込者負担となります。

(6)発送
■振込確認後、発送します。ただし、大量の申込枚数・料金の過不足・自然災害等による郵送の遅れ等の理由により、日数を要することがありますので、あらかじめご了承ください。

■複写物の枚数・サイズにより、二つ折りで梱包することがあります。


17:00 | 平成31年度
2020/03/26

「文書館だより第32号」を発行しました

| by 文書館
 「文書館だより第32号」では、巻頭記事の「越後佐渡おもしろ歴史ばなし」で、戦後、日本中の多くの小中学校で設立された「こども銀行」の様子を紹介しています。また、今年度実施した特別企画展の展示資料の紹介、次年度の文書館主催講座一覧も掲載しています。

*「文書館だより第32号」をご覧になるには、こちら.pdfをクリックしてください。

16:00 | 平成31年度
2020/03/19

第3回歴史講座開催を中止しますの更新日の表記に誤りがありました

| by 文書館
講座の中止案内を1月27日にお知らせした表示となっており、申し訳ありませんでした。
下記のとおり訂正します。

(誤)
2020/01/27

令和元年度第3回歴史講座 開催を中止します


 開催中止のお知らせ

 新型コロナウィルスの感染拡大を懸念し、以下の講座の開催を中止することになりました。
 お申し込みいただいた皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。


 新潟県立文書館では、第3回歴史講座「新聞記事から読み解く新潟県の満蒙開拓」を開催します。
 当館所蔵の新聞資料を活用し、大陸と新潟県、新潟県の満蒙開拓事業、その中における開拓地学校、義勇隊教学奉仕など、教育界・教師と満蒙開拓との関わりを解明します。

1 講演題  「新聞記事から読み解く新潟県の満蒙開拓」
 
2 講 師  高橋 健男 氏 (満蒙開拓移民研究家)
 
3 日 時  令和2年3月7日(土)午後1時30分~午後3時30分(受付 午後1時~)
 
4 会 場  県立文書館ホール(新潟市中央区女池南3-1-2)
 
5 定 員  180名 ※定員に達した場合、申込み受付を締め切らせていただきます。
 
6 受講料  無料
 
7 申込方法 来館、電話、FAX、Eメールのいずれかで、新潟県立文書館へお申込みください。
 
8 申込受付期間   令和2年1月28日(火)~令和2年3月6日(金)
            ※受付時間は午前9時~午後5時までです。
            ※手話通訳が必要な方は2月20日(木)までにお申し出ください。

詳しくはこちらのチラシをご覧ください.pdf


(正)
2020/01/27
令和元年度第3回歴史講座を開催します


 新潟県立文書館では、第3回歴史講座「新聞記事から読み解く新潟県の満蒙開拓」を開催します。
 当館所蔵の新聞資料を活用し、大陸と新潟県、新潟県の満蒙開拓事業、その中における開拓地学校、義勇隊教学奉仕など、教育界・教師と満蒙開拓との関わりを解明します。

1 講演題  「新聞記事から読み解く新潟県の満蒙開拓」
 
2 講 師  高橋 健男 氏 (満蒙開拓移民研究家)
 
3 日 時  令和2年3月7日(土)午後1時30分~午後3時30分(受付 午後1時~)
 
4 会 場  県立文書館ホール(新潟市中央区女池南3-1-2)
 
5 定 員  180名 ※定員に達した場合、申込み受付を締め切らせていただきます。
 
6 受講料  無料
 
7 申込方法 来館、電話、FAX、Eメールのいずれかで、新潟県立文書館へお申込みください。
 
8 申込受付期間   令和2年1月28日(火)~令和2年3月6日(金)
            ※受付時間は午前9時~午後5時までです。
            ※手話通訳が必要な方は2月20日(木)までにお申し出ください。

詳しくはこちらのチラシをご覧ください.pdf


2020/02/26
令和元年度第3回歴史講座 開催を中止します

 開催中止のお知らせ

 新型コロナウィルスの感染拡大を懸念し、以下の講座の開催を中止することになりました。
 お申し込みいただいた皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。


 新潟県立文書館では、第3回歴史講座「新聞記事から読み解く新潟県の満蒙開拓」を開催します。
 当館所蔵の新聞資料を活用し、大陸と新潟県、新潟県の満蒙開拓事業、その中における開拓地学校、義勇隊教学奉仕など、教育界・教師と満蒙開拓との関わりを解明します。

1 講演題  「新聞記事から読み解く新潟県の満蒙開拓」
 
2 講 師  高橋 健男 氏 (満蒙開拓移民研究家)
 
3 日 時  令和2年3月7日(土)午後1時30分~午後3時30分(受付 午後1時~)
 
4 会 場  県立文書館ホール(新潟市中央区女池南3-1-2)
 
5 定 員  180名 ※定員に達した場合、申込み受付を締め切らせていただきます。
 
6 受講料  無料
 
7 申込方法 来館、電話、FAX、Eメールのいずれかで、新潟県立文書館へお申込みください。
 
8 申込受付期間   令和2年1月28日(火)~令和2年3月6日(金)
            ※受付時間は午前9時~午後5時までです。
            ※手話通訳が必要な方は2月20日(木)までにお申し出ください。

詳しくはこちらのチラシをご覧ください.pdf


15:14
2020/03/13

臨時休館期間を延長します

| by 文書館
 県内での新型コロナウイルス感染が続いていることから、県民の皆様への感染拡大防止のため、臨時休館期間を下記のとおり延長します。ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。


   休館期間 令和2年3月2日(月)~31日(火)

    (延長前の期間 令和2年3月2日(月)~16日(月))


19:00 | 平成31年度
2020/03/02

古文書解読講座(冬季)の様子を紹介します

| by 文書館
 古文書解読講座(冬季)を、2月19日(水)・26日(水)に文書館ホールで開催しました。
 古文書解読講座は、くずし字の解読から一歩踏み込んで、歴史的背景などその内容を楽しむことも目的とした講座です。今回の講座では、鎮守様のお祭りの御神前に山伏が乱入し、神主が江戸の寺社奉行に訴えるという事件を通して、山里の神様事情を考察しました。
 解読に関するご質問、ご意見などもいただき、盛況のうちに2日間の講座を終えることができました。

・・・・・参加者の感想の一部を紹介します。・・・・・
◇初めてでしたが、興味深い内容の古文書でとても勉強になりました。身近なところでの話だったので、親しみやすく、先生の説明もわかりやすかったです。
◆今回のテーマ「山伏」でなじみがなかったですが、古文書固有のパターンも見られて、楽しく学べました。
◇日常のひとこまを垣間見られる資料だったので、当時のコミュニティが神職(神社)中心のつながりであったことをよく理解できました。特に魚沼地方は、現在でも生活の所々に山岳信仰の影響が残っており、このような資料を読むことで、歴史がもつ深みを感じることができるかと思います。
    

16:00 | 平成31年度
2020/02/29

臨時休館のお知らせ

| by 文書館
 新潟市内で新型コロナウィルスの感染者が確認されたことを受け、県立文書館は3月2日(月)から16日(月)までの間、臨時休館することにいたしました。
 ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。
 ※上記の期間は、感染拡大の状況によっては延長する場合もあります。

13:45 | 平成31年度
2020/02/26

第3回歴史講座 開催中止のお知らせ

| by 文書館
 3月7日(土)に開催を予定していました第3回歴史講座ですが、新型コロナウィルスの感染拡大を懸念し、開催を中止することになりました。
 お申し込みいただいた皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

08:50 | 平成31年度
2020/02/25

越後佐渡ヒストリア第91話を掲載しました

| by 文書館
 越後佐渡ヒストリア第91話は「旧制中学生の学校生活」です。

 戦前の教育機関の一つとして、旧制中学校があります。旧制中学校は現在の中等教育学校にあたり、高等小学校第2学年課程を終了した12歳以上の男子に入学資格が与えられ、修業年限は5年でした。
 新潟県内には新潟・長岡・高田などに14校ありました。明治40年(1907)4月に開校した巻中学校もその中の一つです。その第1回入学生の少年が4年1学期に書いた日誌からは、その日に学んだ勉強の概略、学校や家庭での様子の他、その日の気分や体調、友人との凧合戦見物の様子なども知ることができます。
 当時の旧制中学生の学校生活の一端を紹介しますので、ぜひご覧ください。

越後佐渡ヒストリア第91話は、こちらをご覧ください。

10:00 | 平成31年度
2020/01/30

はじめての古文書講座(冬季)の様子を紹介します

| by 文書館
 1月15日(水)・22日(水)・29日(水)に、「はじめての古文書講座(冬季)」を開催しました。
 当講座は、古文書の解読にはじめて取り組む方のための講座で、古文書の基礎知識を学んでいきます。古文書の形態や用途を学習した後、よく使われる表現、間違いやすい文字などを細かく確認しました。そして、往来手形や人相書といった様々な文書の解読に挑戦しました。
 受講生の皆様、3日間にわたりご参加いただきありがとうございました。
 今年度の「はじめての古文書講座」は、今回で終了となります。来年度も多くの方からの参加をお待ちしております。

<講座の様子>

    
11:00 | 平成31年度
12345