新潟県立文書館

〒950-8602 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番2号

TEL 025-284-6011(代表)/ FAX 025-284-8737

E-MAIL archives@mail.pref-lib.niigata.niigata.jp

閉じる

> 文書館のお知らせ 

検索

文書館のお知らせ
12345
2019/07/09

古文書初級解読講座(夏季)の様子を紹介します

| by 文書館
 古文書初級解読講座(夏季)を、6月26日(水)・7月3日(水)にAコース、6月28日(金)・7月5日(金)にBコースで、計4日間開催しました。どちらのコースにも多くの方からご参加いただき、盛況の中で終えることができました。
 古文書初級解読講座は、比較的読み易いくずし字の解読演習と時代背景の解説を行う講座です。くずし字に慣れ親しんで、少しでも多くのくずし字を読めるようになりたい方を念頭において、講座を実施しています。
 今回の講座では、「往来証文」や「村送りに関する書状」を教材として、独特の言い回しやくずし字の解説をしながら、江戸時代の庶民の旅の様子を読み解きました。
 受講生の皆様、2日間にわたってご参加いただき、ありがとうございました。

ーーー参加者の感想の一部を紹介します。ーーー
♦初級の割には、かなりレベルが高いと思いました。資料が「続きはどうなるのだろう」と興味がかきたてられる内容で、楽しめながら取り組めました。
♦解読のみでなく、内容の解説・ウラ話等々、歴史的な面白さもあり大変為になりました。 
♦類推等で、辞書の使い方を指南していただけたので、今後がんばって勉強したい。


    
10:00
2019/07/03

令和元年度第1回歴史講座の様子を紹介します

| by 文書館

 令和元年6月29日(土)に、令和元年度第1回歴史講座「古文書から読み解く江戸時代の生産力」を開催しました。
 講師には、立命館大学食マネジメント学部准教授の鎌谷かおる氏をお招きしました。江戸時代の生産力を、歴史学からの分析(古文書を読み解く)だけではなく、古気候学からの分析(年輪酸素同位体比分析による過去3000年の降水量変動の復元)も加えて調査する方法を、グラフや古文書を用いながら、具体的にわかりやすく説明していただきました。時々関西弁が混じる鎌谷先生の軽妙なお話に、参加者も熱心に耳を傾けていました。

***参加者の感想の一部を紹介します。
♦学際的研究の第一線でご活躍されている先生のお話が聞けて、大変興味深かったです。ある事象を多方面からとらえることの意義が、大変よく分かりました。
♦古文書を通じて、歴史を振り返り、未来にもつながることがよくわかりました。
♦古文書はハードルが高いですが、古文書から読み解く各村の生産力、気候変動との関連など、興味深くお聴きすることができました。

     


13:00 | 平成31年度
2019/06/24

越後佐渡ヒストリア第87話を掲載しました

| by 文書館

越後佐渡ヒストリア第87話は「石神村林泉寺文書に見る、ある女性の生涯」です。

頸城郡石神村(現上越市頸城区)の林泉寺という寺に、19世紀初め、常野(つねの)という娘がいました。彼女の書いた書状などから、当時の一人の女性の生き方をうかがい知ることができます。
奔放で、たくましい越後の女性の姿を、ぜひご覧ください。

(

)


越後佐渡ヒストリア第87話は、こちらをご覧ください。



17:00
2019/05/31

はじめての古文書講座(春季)の様子を紹介します

| by 文書館
 「はじめての古文書講座(春季)」を、5月15日(水)、22日(水)、29日(水)に開催しました。
 当講座では、古文書の解読にはじめて取り組む方が、実際に古文書を手に取りながら、古文書の基礎知識を学んでいきます。よく使われる表現や、間違いやすい文字などを学びながら、往来手形や往来物、人相書といった様々な文書の解読に挑戦しました。講座中だけでなく、休憩中や講座終了後にも、「どのように勉強していけばいいですか」「どんな辞書を使えばいいですか」という、古文書解読に向けての熱心な質問が飛び交いました。受講生の皆様、3日間にわたりご参加いただきありがとうございました。


 【講座の様子(会場:県立文書館)】
    

13:00 | 平成31年度
2019/04/16

越後佐渡ヒストリア第86話を掲載しました

| by 文書館

越後佐渡ヒストリア第86話は「選手の胃袋までもおもてなしー妙高国体1981の舞台裏ー」です。

昭和56年(1981)2月に開催された第36回国民体育大会冬季大会スキー競技会(通称妙高国体)では、宿舎となった妙高高原町の民宿が、選手の1日の食事を用意しました。選手をもてなすために、どのような準備がなされたのでしょうか。
食事面で選手を支えた舞台裏を、ぜひご覧ください。

越後佐渡ヒストリア第86話は、こちらをご覧ください。

09:00 | 平成31年度
2019/04/15

「文書館だより第30号」を発行しました

| by 文書館
  文書館だより第30号を発行しました。

 ★今回の
文書館だより第30号は、巻頭記事の「越後佐渡おもしろ歴史ばなし」では西蒲原郡選出の衆議院議員山際敬雄を取り上げています。また、昨年秋に実施された特別企画展「幕末から明治へ-激動の時代と越後・佐渡-」で展示された資料の中から代表的な資料を何点か紹介しています。その他にも「平成31年度文書館主催講座一覧」、「文書館職員(アーキビスト)随想」なども掲載し、読みごたえのある内容となっています。ぜひ御覧ください。。(※「冊子版<無料>」は文書館備え付けのチラシ・ブックスタンドに置いてあります。)

・「文書館だより第30号」を御覧になるには、こちらをクリックしてください。→文書館だより(第30号).pdf
  

09:00
2019/04/13

平成31年度文書館主催講座のご案内

| by 文書館
 大変好評をいただいております文書館主催講座の平成31年度の開催期日をご案内します。各講座の申込開始日をご確認の上、お申し込みください。多くの方々からのご参加をお待ちしております。
※歴史講座の講師や各種講座のタイトルについては、各回申込のホームページまたはチラシ、ポスターにてご確認ください。


平成31年度各種講座のご案内はこちらをご覧ください

10:30 | 平成31年度
2019/04/04

特別整理に伴う臨時休館について

| by 文書館

いつも当館を御利用いただきありがとうございます。

令和元年6月10日(月)~6月17日(月)まで、資料整理等のため、臨時休館となります。

御迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


13:00
2019/03/05

「越後佐渡ヒストリア(第3集)」を刊行しました

| by 文書館

平成31年3月1日に「越後佐渡ヒストリア(第3集)」を刊行しました。

「越後佐渡ヒストリア」は新潟県立文書館のホームページ上に掲載されている歴史コラムで、現在85話まで掲載されております。冊子化の要望にお答えする形で、第1・2集を刊行しておりましたが、この度、第3集(49話~72話までを収録)を刊行いたしました。

ホームページに掲載されている内容に加筆・修正を加えた冊子版「越後佐渡ヒストリア(第3集)」については、平成314月以降、県内の小・中学校、高校、文化施設等に配付する予定です。数量は限定される形となりますが、一般の方向けに無料配付も行う予定です。冊子を希望される方は文書館閲覧室にお越しください。(※配付は文書館閲覧室に、直接、来館した方に限らせていただきます。郵送等の申し出には対応できませんのでご注意ください。一般個人向け無料配付は、在庫がなくなり次第、終了となります。)


            



09:00 | 平成30年度
2018/11/12

文書館だより第29号を発行しました

| by 文書館

 文書館だより第29号を発行しました。

 今回の
文書館だより第29号では、巻頭記事の「越後佐渡おもしろ歴史ばなし」で東蒲原郡が福島県から新潟県に編入された際の引継ぎに関する内容について取り上げています。また、今春から実施されている企画展「新潟県のあゆみー文書館の仕事ー」の紹介記事等も掲載されています。その他にも「平成29年度に閲覧可能となった受贈受託文書(一覧)」や「平成30年度文書館10月以降の主催講座」等の情報欄なども充実しており、読みごたえのある内容となっています。ぜひご覧になってください。(※「冊子版<無料>」は文書館備え付けのチラシ・ブックスタンドに置いてあります。)

・「文書館だより第29号」を御覧になるには、こちらをクリックしてください。→文書館だより第29号.pdf
                           

09:00 | 平成30年度
12345