新潟県立文書館

〒950-8602 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番2号

TEL 025-284-6011(代表)/ FAX 025-284-8737

E-MAIL archives@mail.pref-lib.niigata.niigata.jp

閉じる

> 文書館のお知らせ 

検索

文書館のお知らせ
12345
2022/01/20

【重要】古文書解読講座(冬季)の開催について

| by 文書館
1月26日(水)・2月2日(水)の2日間で開催予定の古文書解読講座(冬季)は、予定どおりに開催いたします。

ただし、まん延防止等重点措置の適用期間中ですので、検温・消毒等の従来までの予防対策に加え、受講者の方々に安心してご参加いただけるよう、ワクチン接種(又は陰性証明)申告書へのご署名をお願いすることとしました。

申告用紙は会場受付に用意いたしますので、その場でご署名ください。
なお、証明書等をご持参いただく必要はありません。

したがって、ワクチン接種済み又は講座開催日の3日前以降に陰性証明済みのいずれにも該当しない方は、受講をご遠慮くださるようお願いいたします。

また、今回は座席を指定いたしますのでご了承ください。

以上の対策をとりますが、少しでも不安を感じる方はご遠慮なくキャンセルいただいて
結構です。

受講を申し込まれた方には個別にご連絡を差し上げておりますが、電話口で「HPで確認した」と伝えていただければ、スムーズに確認できますのでよろしくお願いいたします。
15:00
2022/01/12

【1月17日(月)】ホームページの一部機能停止についてのお知らせ

| by 文書館

いつも当館をご利用いただきありがとうございます。
システムメンテナンスのため、下記の時間帯に断続的に当館ホームページの一部機能が停止します。

日 時:令和4年1月17日(月)午後3時~午後3時30分まで(予定)
停止する機能:当館所蔵資料の検索、「越後佐渡デジタルライブラリ」

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願いいたします。

11:00
2022/01/12

越後佐渡ヒストリア 第98話を掲載しました

| by 文書館
 越後佐渡ヒストリア第98話「疱瘡神から種痘へ-疱瘡制圧の歩み-」です。

 ウイルス感染症で人類が唯一、根絶に成功したのは疱瘡(天然痘)で、WHO(世界保健機関)がその根絶宣言を出したのは1980(昭和55年)のことです。人間の知恵と努力で克服できた例ともいえます。
 現在はコロナ禍にありますが、1日でも早く元の生活に戻れるよう、希望を持ちましょう。



越後佐渡ヒストリア第98話は、こちらをご覧ください
10:30
2021/12/23

古文書初級解読講座(冬季)を開催しました

| by 文書館
 古文書初級解読講座(冬季)を、12月8日(水)・12月15日(水)にAコース、12月10日(金)・12月17日(金)にBコースで、計4日間開催しました。新型コロナウイルス感染拡大防止措置をとりながらでしたが、どちらのコースにも多くの方からご参加いただき、盛況の中で終えることができました。
 古文書初級解読講座は、比較的読み易いくずし字の解読演習と時代背景の解説を行う講座です。くずし字に慣れ親しんで、少しでも多くのくずし字を読めるようになりたい方を念頭において、講座を実施しています。
 今回の講座では、江戸時代の村中での決まりごとや、「入札」による解決方法などを古文書を読み解きながら紹介しました。典型的ではないくずし方も多く、解読に苦戦されていた方も多かったかもしれません。
 受講生の皆様、2日間にわたってご参加いただき、ありがとうございました。

=====参加者の感想の一部を紹介します。=====
■題材が面白いので、解読できると「読めた」という喜びに加え、時代的な雰囲気や当時の人々の気持ちを推し測る楽しさも感じられました。大変興味深い史料を採用してくださってありがとうございました。
■古文書解読は脳トレにちょうどよい。読めないなりに努力することに意義あり。何回でも受講したいものです。
■今まで読めてた文字も、典型的ではない変わったくずし方だと読めず、その都度レパートリーに入れてしまうという当たり前のことを知らされました。ありがとうございました。
■講師の先生方は工夫に個性があらわれ、それも受講の楽しみの一つです。ありがとうございました。



    
09:00
2021/11/25

はじめての古文書講座(秋季)を開催しました

| by 文書館
 11月10日(水)・17日(水)・24日(水)に、「はじめての古文書講座(秋季)」を開催しました。
 当講座は、古文書の解読にはじめて取り組む方のための講座で、古文書の基礎知識を学んでいきます。古文書の形態や用途を学習した後、よく使われる表現、間違いやすい文字などを細かく確認しました。そして、往来手形や北越雪譜、人相書といった様々な文書の解読に挑戦しました。また、最終日の講座後には文書館閲覧室に場所を移し、辞書やテキストの紹介もさせていただきました。
 受講生の皆様、3日間にわたりご参加いただきありがとうございました。
 今年度の「はじめての古文書講座」は、今回で終了となります。来年度も多くの方からの参加をお待ちしております。

<参加者の感想の一部を紹介します>
●より一層、興味がわいて来ました。今後も解読講座に参加したいと思います。
●古文書解読のポイントについてのお話がよかったです。
●Step upコースもあって嬉しい。参考資料や辞書など推薦のものがあれば教えてほしい。

<講座の様子>

    
12:00
2021/10/08

「特別企画展」開催期間中の一般閲覧の利用制限について

| by 文書館
 いつも県立文書館をご利用いただきありがとうございます。

 「特別企画展」開催期間中(令和3年10月19日(火)から11月7日(日)まで)は、一般閲覧(文書館所蔵資料の閲覧請求)の座席が少なくなります。混雑状況によっては利用時間を制限させていただくことをご理解ください。
 また、開館時間を9:30~17:00に短縮させていただくこともご承知おきください。

 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

16:00
2021/10/06

【10月11日(月)】ホームページの一部機能停止についてのお知らせ

| by 文書館
いつも当館をご利用いただきありがとうございます。
法定電気設備点検に伴う停電のため、下記のとおり当館ホームページの一部機能が停止します。

日 時:令和3年10月11日(月)午前8時半~午後3時まで(予定)
停止する機能:当館所蔵資料の検索、「越後佐渡デジタルライブラリー」

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願いいたします。

09:00
2021/09/14

越後佐渡ヒストリア 第97話を掲載しました

| by 文書館
越後佐渡ヒストリア第97話「新たな藩に仲間入り~菊間藩から村松藩へ~」です。

 戊辰戦争後、政治的統一を目指す新政府は、版籍奉還や直轄地の拡大・一円化によって諸藩を徐々に直接統治に組み込む方針を立てます。明治3年(1870)、越後国にも支配替えという形で新政府の手が加わります。

 廃藩置県までの激動の移行期にあたり、単なる支配替えではなく、諸制度の移り変わりの様子も史料から読み解けますのでご覧ください。



越後佐渡ヒストリア第97話は、こちらをご覧ください
13:00
2021/09/02

令和3年度 第1回歴史講座中止のお知らせ

| by 文書館
 令和3年9月25日(土)に開催予定でありました
令和3年度 新潟県立文書館 第1回歴史講座ですが、
昨今の新型コロナウイルス感染拡大状況と講師・受講者の方々の安全を考慮いたしまして、大変残念でありますがこのたびは中止とさせていただくこととなりました。
 心待ちにしていた方も多いかと存じますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
 なお、受講申込みをされた方には個別に中止の連絡をさせていただきます。
13:00
2021/08/31

【重要】臨時休館のお知らせ

| by 文書館
 新潟県立文書館は、県内での新型コロナウイルス感染が続いていることから、県民の皆様への感染拡大防止のため、令和3年9月3日(金)から9月16日(木)の間、臨時休館いたします。
 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
 なお、感染状況しだいで延長となる可能性があることもお含みおきください。


臨時休館中でも下記のサービスを実施します。

レファレンス
■「新潟県の歴史資料に関すること」及び「資料の保存相談」等にお答えします。
■お問い合わせの内容は、できるだけ書面(手紙・Eメール・ファックス)にてお願いします。

ただし、次の場合には対応できません。

  1. 個人若しくは団体の秘密に関わることで、公表することが不適切なもの。
  2. 資料の鑑定及び価格評価に関するもの。
  3. 懸賞問題及び学校教育における宿題や課題等の回答に関するもの。
  4. 古文書の全文解読等、回答に過大な調査を要し、文書館の業務に支障を来すおそれのあるもの。

17:00
12345