新潟県立文書館

〒950-8602 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番2号

TEL 025-284-6011(代表)/ FAX 025-284-8737

E-MAIL archives@mail.pref-lib.niigata.niigata.jp

閉じる

> 文書館のお知らせ 

検索

文書館のお知らせ
12345
2019/11/12

年末年始の休館期間について

| by 文書館
 いつも県立文書館をご利用いただきありがとうございます。

 令和元年12月29日(日)~令和2年1月4日(土)まで、年末年始の休館とさせていただきます。講座の電話受付等も休ませていただきます。
 新年は、1月5日(日)から開館いたします。

 ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

13:00 | 平成31年度
2019/11/08

特別企画展解説講座の様子を紹介します

| by 文書館
 特別企画展解説講座を、10月30日(水)・11月6日(水)に開催しました。
 現在開催中の特別企画展では、『江戸時代の庄屋さまは超多忙!?-越後・佐渡の村役人の世界-』と題して、江戸時代に地方行政の末端を支えていた庄屋をはじめとする村役人の仕事を、当館所蔵の文書から紹介しています。連動企画の解説講座では、展示された資料に関することや歴史的背景についての解説を行いました。
-------参加者の感想の一部を紹介します-------
★展示とタイアップしての講座は、大変よい企画だと思います。パワーポイントもプリントも見やすいものでした。村役人の仕事がリアルにわかる講義でした。
★ゆっくりとお話しいただいたので、メモを取りながら聞くことができました。身近な例を挙げて説明してくださったので、理解が深まりました。展示とリンクしている講座なので、閲覧する時に、講座の資料を参照しながら考えることができると思います。
★江戸時代の繁栄は、農村の固い基盤にあったのかと思いました。村で運営していくことは、結束にもつながると感じました。

  




12:00 | 平成31年度
2019/10/16

令和元年度第2回教養講座の様子を紹介します

| by 文書館
10月9日(水)に、第2回教養講座「江戸時代、越佐の子ども ー誕生から成人までー」を開催しました。

+++++++講座の内容を概略で紹介します。+++++++
 江戸時代の子どもについて、誕生、名前、遊び、年中行事、教育、成人といった切り口で、越佐における事例を紹介しました。子どもを取り巻く現代の課題である少子化、成人年齢引き下げなどと絡めて江戸時代との差異も示しました。子どもと高齢者の人口比は現代とは逆転していること。江戸時代には「子宝」意識が定着し、家存続の人的資源として大切に育てられたこと。男女名には差があり、男子は成人後に改名するのに対し、女子は改名しない場合が多いこと。子どもの病気として恐れられたものに麻疹と疱瘡があり、いずれも感染率が高かったこと。子どもの遊びとして、かるた・道中双六・折羽・十六むさし・弾棋・相撲・羽子板・雪遊びなどがあったこと。年中行事には神に近い存在として一定の役割を果たしたこと。教育熱の高まりの中で手習所が隆盛したこと。手伝いは「一人前」教育の一環であったこと。罪を犯しても数え15歳までは罰則が免除されたこと。男子は数え15歳、女子は数え13歳で成人とみなされ、大人としての修業を開始する年齢と位置付けられていたことなど、子どもの成長に沿って説明しました。


+++++++参加者の感想の一部を紹介します。+++++++
♧現代の子どもに通じる事柄、また全く異なる事柄を短時間でいろいろ知ることができて興味深いものでした。特に、年中行事や子どもの遊びについては、地域性が大きく出てくる事項だということがわかり、たいへん関心を持ちました。
♧昔に比べ、今の大人も子どもも幼い感じがします。子の成長を祝う行事もイベント化している気がします。大人もしっかりしないといけないなと思いました。
♧江戸時代の子どもと、子どもをとりまく様子がよくわかりました。現代は、と言われると考えさせられます。内容からいって、もう少し時間があれば、と思いました。

  

09:00 | 平成31年度
2019/10/10

「文書館だより第31号」を発行しました

| by 文書館
 「文書館だより第31号」では、巻頭記事の「越後佐渡おもしろ歴史ばなし」で古くから越後国に伝わる珍しい事柄の総称「越後七不思議」を取り上げています。また、今年度実施中の企画展「こんなのあります!地域の歴史資料!」や平成30年度までに閲覧可能となった受贈文書についても掲載しています。
 冊子版(無料)は、文書館備え付けのチラシ・ブックスタンドに置いてあります。ご自由にお持ちいただけます。
*「文書館だより第31号」をご覧になるには、こちら.pdfをクリックしてください。

15:00 | 平成31年度
2019/09/11

令和元年度第1回教養講座の様子を紹介します

| by 文書館
 9月5日(木)に、第1回教養講座「青年民権家山添武治と『新潟毎日新聞』」を開催しました。

+++++++講座の内容を概略で紹介します。+++++++

 今から約140年前の明治10年代、江戸時代の「若者(わかいもの)」とは異なる「青年」が全国各地に登場します。彼らは、国民主権の近代国家建設を目指し奮闘しました。その一人に、西蒲原郡金巻村出身の山添武治がいます。
 山添の
54
年の生涯を、3つの視点から見ました。第1は、自由民権運動に参加した明治10年代から20年代にかけての多感な青年期、貧苦のなか、全勢力注いで運動に邁進した様子を明らかにしました。第2は、山形県庄内の儒者黒崎与八郎との交流、与八郎の娘(ことじ)との結婚の経緯に触れ、家族を想う山添の姿に注目しました。第3は、30年代以降の「新潟日報」・「新潟中央新聞」・「新潟毎日新聞」の創刊を通して、様々な困難のなかで諦めることなく新聞事業を推進した山添の姿を追いました。
 強烈な個性を持った山添も、忘れ去られようとしています。しかし、その軌跡は現代人が真似することができない、太く大きなものでした。

+++++++参加者の感想の一部を紹介します。+++++++

‣山添武治について、初めて知りました。とても魅力的で、おもしろい生き様だと思いました。明治の世だからこそ、できたのでしょうか。今後とも機会があれば、またお聴きしたいと思います。
‣信念を貫こうとする思いは力強いですが、周りの人たちは大変だったのではないかと想像します。新潟にこういう方がいたとは知りませんでした。柱さんは武治に心から尽くしたのだと思います。
‣詳しいレジュメをご用意くださいました上に、お話も大変面白く、すばらしかったです。ご自分の足で資料を集められた事柄に基づいたお話は説得力があり、講演自体すばらしいと思いました。

  
09:00 | 平成31年度
2019/09/03

越後佐渡ヒストリア第88話を掲載しました

| by 文書館

 越後佐渡ヒストリア第88話は「緑化への県民の熱意の体現 -第23回全国植樹祭-」です。

 天皇陛下と皇后陛下がご一緒に各地にお出かけになる「三大行幸啓(さんだいぎょうこうけい)」のうちの1つ、「全国植樹祭」が新潟県で最初に行われたのは、昭和47年(1972)のことです。5月に黒川村(現在の胎内市)で「第23回全国植樹祭」が、風雨に寒さが加わる悪天候の中で開催されました。参加者はずぶ濡れになりながらも植樹を行い、式典は無事に終了しました。
 この式典に関わった多くの人たちの「緑化への熱意」の記録を、ご覧ください。

越後佐渡ヒストリア第88話は、こちらをご覧ください。
 


13:30 | 平成31年度
2019/08/30

古文書解読講座(夏季)の様子を紹介します

| by 文書館
 古文書解読講座(夏季)を、8月21日(水)・28日(水)に文書館ホールで開催しました。
 古文書解読講座は、くずし字の解読から一歩踏み込んで、歴史的背景などその内容を楽しむことも目的とした講座です。今回の講座では、佐渡のとある村の百姓が奉行所から借金をして肥料用の鯡(ニシン)を買い入れたことを、史料を通じて読み解きながら、江戸時代後期に松前(北海道)交易で変わっていった島社会を考えました。解読に関する質問だけではなく、歴史的事柄への質問も多くいただき、盛況のうちに2日間の講座を終えることができました。

・・・・・参加者の感想の一部を紹介します。・・・・・
◇受講初回なので、新鮮で良かった。講座の機会が増えることを期待します。
◆文章の内容の背景についての説明もあって良かったです。
◇上級講座なので実力がないため受講しない方がいいのではと思いますが、内容に興味があり、新潟県を知るのに楽しみに来ております。

    
13:00 | 平成31年度
2019/08/01

はじめての古文書講座(夏季)の様子を紹介します

| by 文書館
 「はじめての古文書講座(夏季)」を、7月13日(土)、20日(土)、27日(土)に開催しました。
 当講座では、古文書の解読にはじめて取り組む方が、実際に古文書を手に取りながら、古文書の基礎知識を学んでいきます。まず、古文書の形態と用途を学習し、その後、よく使われる表現や、間違いやすい文字などを細かく確認しながら、往来手形や人相書といった様々な文書の解読に挑戦しました。
 受講生の皆様、暑い中、3日間にわたりご参加いただきありがとうございました。
 次回「はじめての古文書講座(秋季)」は、11月14日(木)、21日(木)、28日(木)に開催予定です。多くの方からのご参加をお待ちしております。

<講座の様子(会場:県立文書館制作演習室)>
    
09:00 | 平成31年度
2019/07/24

中学生の職場体験の様子を紹介します

| by 文書館
 令和元年7月17日(水)・18日(木)の2日間、新潟市立鳥屋野中学校の2年生4名が、当館にて職場体験を行いました。
 生徒の皆さんは、閲覧室でのカウンター業務や出納業務、歴史資料・公文書の整理作業、レファレンス体験などに取り組みました。実際に古文書や公文書に触れるという文書館ならではの職場体験を通して、古文書や公文書に関わることの面白さや大変さを感じたようです。

○○○○○生徒の皆さんの感想の一部を紹介します○○○○○
・僕たちが体験したのはごく一部の仕事であるにも関わらず、力仕事であったり、集中力をとても必要とする仕事であったりと、すごく大変な仕事でした。しかし、その分得るものはとても多いと思います。達成感はもちろん、17日の古文書整理の汚れを落とす作業では、汚れを落としながら古文書を読んだり、18日のレファレンス業務ではお客様からもらった疑問を調べるうちに自分の学びにもつながり、仕事をしながら勉強もでき、知識を得られることが大きな利点だと感じました。
・私は文書館がどのような施設なのか、こちらに来るまでは知りませんでした。ですが、この二日間を通して文書館は古い時代のものから、最近のものまで保管されており、何十万点とある量に驚きました。書庫で当たり前のように出てくる古い文書に対して、遠くて関係ない時代が何だか身近に感じることができました。

      


        


10:00 | 平成31年度
2019/07/09

古文書初級解読講座(夏季)の様子を紹介します

| by 文書館
 古文書初級解読講座(夏季)を、6月26日(水)・7月3日(水)にAコース、6月28日(金)・7月5日(金)にBコースで、計4日間開催しました。どちらのコースにも多くの方からご参加いただき、盛況の中で終えることができました。
 古文書初級解読講座は、比較的読み易いくずし字の解読演習と時代背景の解説を行う講座です。くずし字に慣れ親しんで、少しでも多くのくずし字を読めるようになりたい方を念頭において、講座を実施しています。
 今回の講座では、「往来証文」や「村送りに関する書状」を教材として、独特の言い回しやくずし字の解説をしながら、江戸時代の庶民の旅の様子を読み解きました。
 受講生の皆様、2日間にわたってご参加いただき、ありがとうございました。

ーーー参加者の感想の一部を紹介します。ーーー
♦初級の割には、かなりレベルが高いと思いました。資料が「続きはどうなるのだろう」と興味がかきたてられる内容で、楽しめながら取り組めました。
♦解読のみでなく、内容の解説・ウラ話等々、歴史的な面白さもあり大変為になりました。 
♦類推等で、辞書の使い方を指南していただけたので、今後がんばって勉強したい。


    
10:00 | 平成31年度
12345