新潟県立文書館

〒950-8602 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番2号

TEL 025-284-6011(代表)/ FAX 025-284-8737

E-MAIL archives@mail.pref-lib.niigata.niigata.jp

閉じる

> 文書館のお知らせ 

検索

文書館のお知らせ
12345
2021/03/02new

越後佐渡ヒストリア 第95話を掲載しました

| by 文書館

越後佐渡ヒストリア第95話「新潟県史編さん夢物語~幻から正夢へ~」です。

 新潟県では大正から昭和初期にかけて、郡史や民間の修史事業が盛んに行われるようになりました。
 こうした動きに呼応して、新潟県史編さんへの期待が高まりましたが、初めはなかなかうまくいきません。その後どのような流れで現在の新潟県史が編さんされるに至ったのかを紹介していますので、ぜひご覧ください。


越後佐渡ヒストリア第95話は、こちらをご覧ください
16:00
2021/02/26

会計年度任用職員(専門)の募集について

| by 文書館

 新潟県立文書館で勤務する会計年度任用職員(専門)【閲覧業務・文書等整理活用業務】を1名募集します。
 詳しくはこちら(R3会計年度任用職員 募集のお知らせ.pdf)をご覧ください。

08:30 | 令和2年度
2021/02/25

古文書解読講座(冬季)を開催しました

| by 文書館


 古文書解読講座(冬季)を、2月10日・17日(水)に開催しました。新型コロナウイルス感染拡大防止措置をとりながらでしたが、どちらのコースにも多くの方からご参加いただき、盛況の中で終えることができました。
 古文書解読講座は、ある程度の古文書解読の知識・技能をお持ちの方を対象とした講座です。やや難解な文章や文字を題材に、講座を実施しています。
 今回の講座では、江戸時代における住民登録手続きの流れから、独特の言い回しやくずし字の解説をしました。村と村との間で取り交わされる「所請状」や「離旦証文」などを読みながらくずし字に触れることはもちろんのこと、当時の住民登録の意味や村・寺の役割、現在との違いなどの解説も行いました。読むスピードも速く、みなさんご苦労されているようでしたが、最後には本講座に満足された様子がうかがえました。
 受講生の皆様、2日間にわたってご参加いただき、ありがとうございました。 
=====参加者の感想の一部を紹介します。=====
■非常に判りやすい説明でした。そして、史料も適切なものでした。
■定型文としての流れは読み取れるが、くせ字には難渋した!
■コロナ禍で大変な時期に感染防止対策を徹底して古文書解読講座を開設していただきありがとうございます。
■全体の50~70%の把握くらいですが、今の内容、スピードは上達につながると思いましたので、とても楽しく気に入っています。


    
13:00 | 令和2年度
2021/01/29

【2月1日(月)】ホームページの一部機能停止についてのお知らせ

| by 文書館

いつも当館をご利用いただきありがとうございます。
システムメンテナンスのため、下記のとおり当館ホームページの一部機能が停止します。

日 時:令和3年2月1日(月)15時~16時(予定)
停止する機能:当館所蔵資料の検索、「越後佐渡デジタルライブラリー」

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願いいたします。

13:15
2021/01/26

第2回歴史講座中止のお知らせ

| by 文書館

令和3年3月6日(土)に開催予定でありました
令和2年度 新潟県立文書館 第2回歴史講座ですが、
昨今の新型コロナウイルス感染拡大状況と講師・受講者の方々の安全を考慮いたしまして、大変残念でありますがこのたびは中止とさせていただくこととなりました。
ご理解いただきますようお願い申し上げます。

09:30
2021/01/07

☆2月 臨時休館日のお知らせ☆

| by 文書館

新潟県立文書館では特別整理期間といたしまして以下の期間を臨時休館とさせていただきます。
利用者のみなさまにはご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 ◇特別整理期間により休館
  2月1日(月)~8日(月)


13:15
2020/12/21

古文書初級解読講座(冬季)を開催しました

| by 文書館

 古文書初級解読講座(冬季)を、12月2日(水)・12月9日(水)にAコース、12月4日(金)・12月11日(金)にBコースで、計4日間開催しました。新型コロナウイルス感染拡大防止措置をとりながらでしたが、どちらのコースにも多くの方からご参加いただき、盛況の中で終えることができました。
 古文書初級解読講座は、比較的読み易いくずし字の解読演習と時代背景の解説を行う講座です。くずし字に慣れ親しんで、少しでも多くのくずし字を読めるようになりたい方を念頭において、講座を実施しています。
 今回の講座では、江戸時代によくみられる「人名」の練習からスタートし、「願書」を教材にして、独特の言い回しやくずし字の解説をしました。「願書」では用水の新設をめぐるやりとりなどの内容の文字解読を行いました。
 受講生の皆様、2日間にわたってご参加いただき、ありがとうございました。

=====参加者の感想の一部を紹介します。=====
■難しいが楽しかった。
■初級解読講座も全く追いついていないが、さらにもう一歩進むとどんな感じか、まったく太刀打ちできなくとも解読講座も見てみたい気がします。
■はじめての古文書講座の次のステップとしては難しかったが大変勉強になりました。
■丁寧にわかりやすく講義いただきありがたく思います。


    
08:30 | 令和2年度
2020/12/05

越後佐渡ヒストリア 第94話を掲載しました

| by 文書館
越後佐渡ヒストリア第94話は「みんなが売ってみんなが儲かるー新潟町の魚屋たちー」です。

 江戸時代の新潟町には同じ商売をする店が特定の地域に集まっている町座というものがありました。このなかで当時の魚屋の町座についてその詳細やトラブル解決方法などを紹介していますので、ぜひご覧ください。


越後佐渡ヒストリア第94話は、こちらをご覧ください
11:15
2020/11/26

はじめての古文書講座(秋季)の様子を紹介します

| by 文書館

 11月11日(水)・18日(水)・25日(水)に、「はじめての古文書講座(秋季)」を開催しました。
 当講座は、古文書の解読にはじめて取り組む方のための講座で、古文書の基礎知識を学んでいきます。古文書の形態や用途を学習した後、よく使われる表現、間違いやすい文字などを細かく確認しました。そして、往来手形や人相書といった様々な文書の解読に挑戦しました。
 受講生の皆様、3日間にわたりご参加いただきありがとうございました。
 今年度の「はじめての古文書講座」は、今回で終了となります。来年度も多くの方からの参加をお待ちしております。

<講座の様子>

    


    
15:15 | 令和2年度
2020/10/01

「特別企画展」開催期間中の一般閲覧の休止について

| by 文書館
 いつも県立文書館をご利用いただきありがとうございます。

 「特別企画展」開催期間中(令和2年10月27日(火)から11月8日(日)まで)は、一般閲覧(文書館所蔵資料の閲覧請求)ができなくなりますので、ご注意下さい。

 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

16:00
12345