新潟県立文書館

〒950-8602 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番2号

TEL 025-284-6011(代表)/ FAX 025-284-8737

E-MAIL archives@mail.pref-lib.niigata.niigata.jp

閉じる

> 文書館のお知らせ 

検索

文書館のお知らせ
12345
2019/01/23new

平成31年度 非常勤嘱託員募集のお知らせ

| by 文書館

 新潟県立文書館に勤務する非常勤嘱託員を募集します。

 

1採用職種 非常勤嘱託員

 

2募集人数 1人

 

3募集期間 平成31123日(水)~220日(水)

 

4考査日  平成31年3月1日(金)

 

5業務内容 文書館が所蔵する歴史資料の整理業務、閲覧業務、歴史資料を活用した講座等の普及業
      務、歴史資料に関わる調査業務。

 

6勤務場所 新潟県立文書館(新潟市中央区女池南3-1-2)

 

7勤務予定期間 平成31年4月1日(月)~翌年3月31日(火)

 

※詳しくはこちらをご覧ください。→H31 嘱託員公募(文書館).pdf


09:00 | 平成30年度
2018/12/27

年末年始の休館期間について

| by 文書館
 いつも県立文書館をご利用いただきありがとうございます。

  平成30年12月29日(土)から平成31年1月4日(金)までは年末年始の休館とさせていただきます。(講座の電話受付等も休ませていただきます。)
   なお、12月28日(金)は午後5時で閉館します。
 新年は1月5日(土)から開館いたします。
  
 御迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

12:00 | 平成30年度
2018/11/12

文書館だより第29号を発行しました

| by 文書館

 文書館だより第29号を発行しました。

 今回の
文書館だより第29号では、巻頭記事の「越後佐渡おもしろ歴史ばなし」で東蒲原郡が福島県から新潟県に編入された際の引継ぎに関する内容について取り上げています。また、今春から実施されている企画展「新潟県のあゆみー文書館の仕事ー」の紹介記事等も掲載されています。その他にも「平成29年度に閲覧可能となった受贈受託文書(一覧)」や「平成30年度文書館10月以降の主催講座」等の情報欄なども充実しており、読みごたえのある内容となっています。ぜひご覧になってください。(※「冊子版<無料>」は文書館備え付けのチラシ・ブックスタンドに置いてあります。)

・「文書館だより第29号」を御覧になるには、こちらをクリックしてください。→文書館だより第29号.pdf
                           

09:00 | 平成30年度
2018/11/11

第2回歴史講座の様子を紹介します

| by 文書館

平成30年10月27日(土)に平成30年度第2回歴史講座「表彰された越佐の女性たち-江戸幕府の史料に女性の働く姿を読む-」を開催しました。

 

 講師には、新潟大学 教育・学生支援機構全学教職支援センター 特任教授の後藤一雄氏をお招きしました。江戸時代の「孝義録」や「続孝義録料」に載せられた、幕府より表彰された越佐の女性たちに関する内容が中心で、講座は、表彰を受けた女性たちの紹介にとどまることなく、当時の越後・佐渡の女性の生活や労働に関する具体像を浮き彫りにしていく形で進み、講師の後藤先生の丁寧な説明に参加者も熱心に耳を傾けていました。

 当日は、小雨の降る、少し肌寒い日でしたが、多くの皆様に御参加いただき、ありがとうございました。

 

※参加者の感想の一部を紹介します。

 

◆資料の順番にきちんと説明されたので、わかり易く聞くことができました。次の歴史講座楽しみにしています。

 

◆講師の方の丹念な調査・集計に感服しました。

 

◆大変内容の充実した資料を拝受し、とてもわかりやすい話し方での講義を興味深く受講しました。歴史愛好者・古文書愛好者としては、古文書のコピーがあったらもっと嬉しかったです。受領した資料は帰宅して熟読し、保存活用したいと思います。有意義な講座でした。

 

※講座の様子です。

   



09:00 | 平成30年度
2018/10/29

「特別企画展」開催期間中の一般閲覧の休止について

| by 文書館
 いつも県立文書館をご利用いただきありがとうございます。

 「特別企画展」開催期間中(平成30年10月30日(火)から11月11日(日)まで)は、一般閲覧(文書館所蔵資料の閲覧請求)ができなくなりますので、ご注意下さい。

 御迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

09:00
2018/08/20

古文書解読講座(夏季)の様子を紹介します

| by 文書館

古文書解読講座(夏季)を、8月1日(水)、8月8日(水)に開催しました。ホールで行われた講座に、非常に暑い中、多くの方々から御参加いただき、ありがとうございました。

 古文書解読講座は、くずし字の読み方から一歩踏みこんで、その内容を楽しむことを目的とした講座です。今回の講座では、「信州飯山目安」を教材として、国境争いをしている越後国側と信濃国側の両者の言い分を読み解きながら、国境が定まっていった様子を見ていきました。暑い中、例年よりも多くの方から御参加いただき、盛況のうちに2日間の講座を終えることができました。

 今後は、はじめての古文書講座(冬季)・古文書初級解読講座(冬季)・古文書解読講座(冬季)が、それぞれ11月・1月・2月に開催となります。今後も当館の講座への参加をお待ちしております。

 参加者の感想の一部を紹介します。

♦丁寧な解説で勉強になりました。有難うございました。

♦解読講座は毎月あって欲しい。次の講座を楽しみにしています。

♦教材の字が大きく読み易く、くずし字の勉強になった。

♦古文書解読は奥深く、一生勉強を続けなくてはと改めて思いました。

 講座の様子

       


09:00 | 平成30年度
2018/08/18

中学生の職業体験学習の様子を紹介します

| by 文書館

 平成30年7月10日(火)・11日(水)に新潟市立鳥屋野中学校の2年生5名が、7月19日(木)・20日(金)に新潟市立高志中等教育学校の2年生4名が、当館にて職業体験学習を行いました。

 

 生徒の皆さんは、歴史資料の整理作業や閲覧室での事務作業、出納業務、レファレンス体験などに取り組みました。実際に古文書や公文書に触れ、内容を眺め、出納業務や整理作業を行い、具体的な仕事内容について職員へのインタビューを試みるなど、文書館ならではの職業体験学習を通して、古文書や公文書などに関わる仕事の面白さを感じたようでした。

 

   生徒の皆さんの感想の一部を紹介します。
                                                                                             

・書庫から資料を探し出すのは大変だったけど、とても楽しかったです。資料といっても新聞や日記、地図など様々な種類があり、それが棚にぎっしり詰まっていて見ていて楽しかったです。普段は絶対に見ることができない光景なので、すごいなと思いました。短い時間でしたが、図書館と文書館の違い、文書館で働く方たちがどんな仕事をし、どんな資料が保管されているかなど、たくさんのことを学ぶことができ、充実した体験となりました。

 

・まず私が驚いたのは文書館の資料の量です。大きい段ボール15000箱の量があることを知り、とてもすごいと思いました。1日目は自分たちで資料を見つける作業をしましたが、すぐに見つけられず大変でした。改めて、すぐに見つけて、届けることのできる職員の皆さんがすごいと感じました。2日目は資料の移動を行いましたが、文書館の仕事は研究だけでなく、力仕事も多く、体力も必要だと感じました。2日間本当にありがとうございました。

職業体験学習の様子(上段 鳥屋野中学校 下段 高志中等教育学校)

      


        
09:00 | 平成30年度
2018/08/16

古文書初級解読講座(夏季)の様子を紹介します

| by 文書館

古文書初級解読講座(夏季)を、Aコースを6月27日(水)、7月4日(水)に、Bコースを6月29日(金)、7月6日(金)に開催しました。どちらのコースにも多くの方々から御参加いただき、盛況の中で、それぞれの2日間の講座を終えることができました。

 古文書初級解読講座は、比較的読み易いくずし字の解読演習と時代背景の解説を行う講座です。くずし字に慣れ親しんで、少しでも多く読めるようになりたい方々を念頭におき、講座を実施しています。
 今回の講座では、村上藩の「内藤紀伊守様御条目(写)」を教材として、くずし字の読解をしながら、江戸時代の農民の生活を読みときました。

 

 参加者の感想の一部を紹介します。


楽しく勉強できました。これからもよろしくお願いいたします。


初めてなのでなかなか難しいが、少しでも読めてくると興味もわいて、おもしろくなってきました。チャンスがあれば、もっといろいろ読んでみたいと思いました。


ユーモアを交えた、わかりやすい話し方で講義をされたので、よく理解することができました。

 

初めて受講したが、一度や二度では理解できそうにないことを自覚しました。この様な機会があれば、また受講したいと思いますので、数多く開催していただければと思いました。


講座の様子

       


09:00 | 平成30年度
2018/08/10

特別整理期間に伴う臨時休館について

| by 文書館

   いつも当館を御利用いただきありがとうございます。

    平成30年9月25日(火)~10月5日(金)まで、資料整理と書庫くん蒸のため、臨時休館となります。

    御迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
 (※県立図書館の臨時休館日とは異なりますのでご注意ください。)

09:00 | 平成30年度
2018/07/11

第1回歴史講座の様子を紹介します

| by 文書館


 平成
30630日(土)に平成30年度第1回歴史講座「明治維新150年と新潟-なぜ裏日本となったのか-」を開催しました。

    講師には、共立女子大学国際学部教授の阿部恒久氏をお招きしました。講座では、明治以降、新潟県を含む日本海側の地域が裏日本として位置づけられていく過程について、裏日本という言葉の登場とその要因、鉄道や学校などのインフラにおける地域的偏り、戦後の高度成長期にかけての裏日本の形成、そして戦前・戦後の政治との関わりなど様々な視点から説明がなされ、参加者も熱心に耳を傾けていました。講座の後の質疑応答の時間も、講師と質問者との間で熱心なやりとりがあり、参加者の多くが有意義な2時間の講座を受講することができました。

当日は県内で35度を超える地点も出る暑い一日となりましたが、御参加いただいた多くの皆様に感謝申し上げます。



講座の様子
   


09:00 | 平成30年度
12345