閉じる

県立トップページ > 利用する> 利用案内 

利用案内

 

開館時間

火曜日~金曜日午前9時30分から午後7時まで
土曜日・日曜日・祝日午前9時30分から午後5時まで
  • 祝日及び祝日の翌日も開館しています。
  • エントランスホールの利用は休館日を除き午前9時からです。
 

休館日

  • 月曜日 (祝日及び振替休日の場合は開館)
  • 蔵書点検期間
  • 年末年始

詳しくは開館カレンダーをご覧ください。

開館カレンダー

 

利用カードを作る

県立図書館の資料を借りる、またはMyライブラリを利用するには利用カードが必要です。利用カードを作るには、県立図書館の利用登録が必要です。利用登録の申し込み方法は、「来館による申し込み」と「郵送による申し込み」があります。

利用カード「ふくろうの森の図書館」(ヤマヤ アキコ作)

来館による申し込み

カウンターの登録窓口で手続きする場合は、その場で利用カードを発行します。

その際、利用者本人の【身元を証する書類】の提示が必要です。

登録の条件や利用登録の流れなど詳しくは、「来館して利用カードを作る」をご覧ください。

来館して利用カードを作る

郵送による申し込み

郵送による申し込みで利用登録をすることができます。利用カードの郵送料金が必要です。詳しくは「利用カードの郵送申し込み」をご覧ください。
注意:図書やCD等のご自宅への郵送貸出サービスは行っていませんので、ご注意ください。

利用カードの郵送申し込み

 

資料を借りる

当館の資料を借りる

  • 図書・雑誌は1人10点(CDはその内の2点)まで、貸出日を含む15日間借りることができます。
  • 借りたい資料と利用カードを、カウンターの貸出・返却窓口にお出しください。
  • 貸し出しができない資料があります。

貸し出しができない資料

他機関の資料を借りる

  • 当館にない資料は、所蔵している他の図書館(市町村図書館、他県立図書館、大学図書館)から取り寄せて提供することができます。
  • 国立国会図書館をはじめとする他機関(他都道府県立図書館、市町村立図書館、大学図書館など)から、複写物を取り寄せることもできます。
  • ご希望の際はカウンターの調査相談窓口へお申し込みください。申し込みはメール、FAXなど文書でも受け付けます
  • その際にかかった費用は実費をいただきます。

お問い合わせは開館時間内にTEL:025-284-6824 (調査相談・貸出延長)へお願いします。

 

貸出期間を延長する

貸出日を含む15日間で読みきれない場合、予約が入っていなければ貸出期間の延長ができます。延長の回数は1回のみ、延長期間は15日間です。

延長の手続き方法

  • 当館ホームページ「Myライブラリ」
  • 電話
  • 閲覧室の窓口
  • 閲覧室の資料検索用パソコン

延長期間

返却期限日よりも前に延長する場合にはご注意ください。

最初の返却期限日より前に延長した場合延長した日を含めて15日間
最初の返却期限日より後に延長した場合最初の返却期限日を含めて15日間

例:(貸出)2月1日 → (返却期限日)2月15日の資料を2月2日に延長した場合、返却期限日は2月16日となります。

 

資料を返す

  • 資料の返却は、カウンターの貸出・返却窓口へお願いします。
  • 返却する時、利用カードは必要ありません。
  • 図書館が閉まっているときは、【返却ブックポスト】をご利用ください。建物正面入口の右側にあります。ただし、次の資料は【返却ブックポスト】に返すことができません。開館時間内にカウンターまでお持ちください。

返却ブックポストに返せない資料

  • CD資料(破損の恐れがあるため)
  • 専用の袋で貸出した他の図書館からの借受資料
  • 返却後すぐに別の資料を借りる場合は、ブックポストではなくカウンターの窓口へお返しください。
  • 返却日に来館できない場合は、郵送あるいは宅配便での返却も受け付けています。送料はご負担ください。

返却資料送付先

新潟県立図書館 業務第1課
〒950-8602 新潟市中央区女池南3丁目1番2号
「返却資料在中」等とお書き添えください。

 

借りた資料の破損・紛失

  • 借りた資料を破損・汚損・亡失した場合には、速やかにカウンターの調査相談窓口にお申し出ください。
  • ご自身で修理などは絶対に行わないでください。
  • 破損・汚損の場合、資料の状態によっては弁償していただくことがあります。
  • 紛失の場合は、弁償していただきます。
  • 「資料亡失(損傷)届書 (PDF) ※記入例あり」に記入し、カウンターの調査相談窓口にご持参ください。詳しい弁償手続き方法について、担当からご説明します。

    資料亡失(損傷)届書(PDF:35KB)

  • 説明前に弁償資料を購入しないでください。同一資料でない場合、お引き取りできません。
  • 同一資料とは、版や形態(文庫やハードカバーの別)、ISBNなども全く同一の資料です。
注意:図書館に所蔵されている資料は、県民の共有財産です。大切にご利用ください。アンダーラインや書込など、本を傷つける行為は絶対にしないでください。
 

館内で資料を読む

  • 閲覧室内の資料は自由に読むことができます。ただし、雑誌や新聞などは1回に閲覧できる冊数を制限する場合があります。
  • 資料は閲覧室内の座席でご覧ください。利用の済んだ資料は、本棚のそばの返却台、またはカウンターの窓口へお返しください。
  • 書庫にある資料も利用することができます。資料請求票を職員にお渡しいただくか、カウンターの調査相談窓口でお尋ねください。職員が書庫からお持ちします。また、「公開書庫」として一般公開している期間中は、ご自分で書庫内に入ることもできます。
  • 貴重資料や傷みが激しい資料などは、閲覧を制限することがあります。
  • 貴重資料の閲覧には、「越後佐渡デジタルライブラリー」をご活用ください。
  • 越後佐渡デジタルライブラリー

 

資料を探す(調査相談)

  • 閲覧室内に資料検索パソコンを設置しています。書名・著者名などから、目的の資料を探すことができ、検索結果を無料でレシート印刷できます。
  • 県立図書館のホームページでは、県内の公立図書館の蔵書検索ができます。

    本・雑誌・CDの検索

  • お探しの資料が見つからない場合や、操作の方法がわからない場合は、カウンターの調査相談窓口にお尋ねください。
  • 図書館では、職員が、調査・研究に必要な資料を紹介したり、資料を探すお手伝いをします。
  • 身近な事柄や調べものについて、資料にもとづいて回答します。
  • 詳しくは調査相談のページをご覧ください。

    調査相談

 

資料の複写

著作権法(31条)及び、当館規定の範囲内で所蔵資料を複写することができます。
資料の複写はカウンターのコピー受付窓口へお申し込みください。受付は閉館の30分前までです。
著作権法については 文化庁ホームページをご覧ください。

文化庁ホームページ(外部リンク)

  • 当館が所蔵する公表された資料を複写することができます。
  • 調査研究用として著作物の一部分(半分以下)について複写できます。また、発行後相当期間が過ぎた新聞や雑誌に掲載された個々の著作物については全部を複写できます。
  • 一人につき一部複写できます。(同じものは複数部数複写できません。)

受付時間

火曜日~金曜日午前9:30~午後6:30
土曜日・日曜日・祝日午前9:30~午後4:30

料金

コピー機による複写モノクロ1枚10円
カラー1枚40円
マイクロフィルムからの複写1枚10円
データベース画面(※)の印刷
(A4・モノクロ印刷のみ)
1枚10円
越後佐渡デジタルライブラリー画像(※)の印刷
(A4・カラー印刷のみ)
1枚40円

※データベースの詳細は下記ページをご覧ください。

外部データベース (総合データベースセンターで利用できます。)

越後佐渡デジタルライブラリー


複写物郵送サービスをご利用の場合は、複写料金が異なります。詳しくは、複写物郵送サービスの料金表をご覧ください。

複写物郵送サービス

 

資料の撮影について

当館所蔵の資料を撮影する際は、事前の申請が必要です。

  • 撮影等は「資料損傷の恐れがある」場合や「撮影等の機材により他の利用者の迷惑になる」場合はお断りすることがあります。
  • 撮影等は他の利用者の迷惑にならないよう、当館指定の場所で行ってください。
  • 著作権のある資料についての責任は撮影者にあります。撮影した資料の掲載等は、著作権がある資料の場合は著作権者の許可を、著作権が切れた資料の場合は所蔵館の許可を得て行ってください。
    詳しくは「資料の掲載・放映等について」をご覧ください。

資料撮影等申込書(PDF:41KB)

 

資料の掲載・放映等について

当館所蔵の資料を出版掲載等で利用(出版物への掲載、 展示、放映等での使用など)する場合は、事前の申請が必要となります。以下の許可条件をご了承の上で「複写物 出版・掲載等許可申請書 (PDF) ※記入例あり」「複写物 展示・放映許可申請書 (PDF) ※記入例あり」を持参するか、カウンターの調査相談窓口で記入し、提出してください。申請書には印鑑が必要です。詳しくは記載例をご覧ください。
なお、利用した資料に関して著作権、出版権その他の問題が生じた場合は、すべて申請者がその責任を負うものとします。

複写物 出版・掲載等許可申請書(PDF:110KB)

複写物 展示・放映許可申請書(PDF:70KB)

許可条件

  • 著作権がある資料の場合は著作権者の許諾を得て、許諾証のコピー等を添付してください。
  • 資料名及び所蔵館名(「新潟県立図書館所蔵」)を明示してください。
  • 掲載された出版物等の著作物を1部、当館にご寄贈ください。
  • 利用の申請は、利用目的ごとに必要です。別の利用目的に使用する場合(改訂版の刊行、電子書籍やインターネット配信等別媒体による公開など)は、あらためて当館の許可を受けてください。
 

ホームページで利用できるサービス

ホームページから予約や貸出延長の申込み等ができます。詳しくは「Myライブラリ」をご覧ください。
また、メールマガジンの配信も行っております。

Myライブラリ

メールマガジン

 

インターネット用パソコンの利用

  • 閲覧室にインターネットに接続できるパソコンが8台あります。
  • 利用するときは申し込みが必要です。
  • web検索エンジンを利用して、webサイトを閲覧できます。
  • 閲覧できるwebサイトに制限があります。
  • 画面の印刷やダウンロードはできません。また、音声は出ません。
 

データベースの利用

閲覧室の総合データベースセンターで、新聞や雑誌記事、官報、法律情報や百科事典などの検索ができます。

  • 検索は無料でできます。
  • 検索結果の印刷は有料です。
  • 印刷には制限のある場合もあります。印刷をご希望の場合は カウンターのコピー受付窓口へお申し込みください。

外部データベース (総合データベースセンターでご利用いただけます。)

 

持ち込みパソコンの利用

持ち込みのパソコンは、パソコンブースやパソコン利用席でのみ利用できます。また、閲覧室の一部では無線LANを利用できます。

 

利用者無線LANの利用

閲覧室の一部で無線LANを無料で利用できます。

  • 接続には館内に掲示してあるパスワードの入力・認証が必要です。
  • 閲覧できるサイトに制限があります。
 

共同研修室の利用

共同研修室はグループでの調査研究、文化、社会教育、ボランティア活動等のために無料で利用することができる施設です。次のいずれかに該当するグループ(2名以上)が利用できます。

  • 新潟県立図書館所蔵の歴史資料等(貸出のできない資料)を利用して調査研究を行うグループ
  • あらかじめ利用団体の登録をしているグループ
  • 利用日の14日前の時点で共同研修室が空いている場合に限り、当館の指定する条件に該当するその他のグループ

詳しい利用案内は下記ページをご覧ください。

共同研修室

申請書のダウンロード

事前に利用案内をよくお読みください。 FAX、郵送、直接窓口で申請してください。

共同研修室利用団体登録申請書(PDF:84KB)

共同研修室利用申請書(PDF:84KB)

 

図書館でのマナーについて

  • 飲食はエントランスホールでお願いします。
  • 閲覧室内での飲食は禁止です。閲覧室入口手前の「くらしガーデン」コーナーのみ、フタ付きボトルの飲料のみ飲むことができます。
  • 閲覧室内では携帯電話の使用はできません。「くらしガーデン」コーナーにある、携帯電話ボックスもしくはエントランスホールにある公衆電話エリアでお願いします。
  • 他の入館者の方を不愉快にする行為は慎んでください。場合によっては、館内から退去していただくこともあります
  • 貴重品の取り扱いには、十分ご注意ください。
 

閲覧室案内図

閲覧室案内図の詳細はダウンロードファイルでご確認ください。

閲覧室案内図(PDF:353KB)

 

来館できない方へ

来館できない方は「遠くにお住まいの方へ」をご覧ください。インターネットを通したサービスなどをご案内しています。

遠くにお住まいの方へ