閉じる

> 新潟県立文書館> 越後佐渡ヒストリア> [第11話]政治家坂口仁一郎と漢詩人阪口五峰 

新潟県立文書館

〒950-8602 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番2号

TEL 025-284-6011(代表)/ FAX 025-284-8737

E-MAIL archives@mail.pref-lib.niigata.niigata.jp

CSS

大文字んCSS

検索

[第11話]政治家坂口仁一郎と漢詩人阪口五峰

 

 新潟県が誇る作家坂口安吾。その父坂口仁一郎にいちろうは、明治から大正にかけて中央政界で活躍した政治家であるとともに、漢詩人阪口五峰ごほうとしても大きな功績を残しています。
 政治家としての仁一郎は26歳で県会議員に当選し、県会議長も務めたのち、44歳で衆議院議員に当選して国政に進出します。彼は憲政会けんせいかいに属し、党務委員長などの要職も務め、加藤高明かとうたかあき犬養毅いぬかいつよしなどの首相経験者とも交流があり、多くの書状がそのことを物語っています。


【犬養毅からの書状】(請求記号E9127-11)


 一方、漢詩人阪口五峰としての活動も盛んでした。特に、大正7年(1918)に刊行した『北越詩話ほくえつしわ』は、越後の文人達を詩業を通して紹介した大著であり、上杉謙信うえすぎけんしん良寛りょうかんなど1086人が収録されています。当館所蔵の『北越詩話』原稿は、政治家として多忙な日々を送りながら、同時に執筆もこなしていた五峰のすごさをうかがわせる資料であるといえます。

 

【『北越詩話』とその原稿(右)】(原稿の請求記号F52)