閉じる

> 新潟県立文書館> インターネット古文書講座> 第61回~第70回> 第63回> 第63回 解読文・解説 

新潟県立文書館

〒950-8602 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番2号

TEL 025-284-6011(代表)/ FAX 025-284-8737

E-MAIL archives@mail.pref-lib.niigata.niigata.jp

CSS

大文字んCSS

検索

〔 第63回 解読文・解説 〕

 

解読文

 

解説

片桐村は旧三島郡寺泊町(長岡市)で慶安2年から明治まで村上藩の支配をうけました。「村領下桐村」は村上領下桐村をさします。
野中才村は旧西蒲原郡分水町(燕市)で、正徳元年から白河藩、幕末に桑名藩の支配をうけました。
文書の内容は、安永8年(1779)片桐村の百姓六蔵妹が野中才村百姓数右衛門の嫁にいったのは確かです。当村の宗門人別帳(帳面)から除くので、そちらの村の宗門人別帳(帳面)に掲載してください、というものです。

資料請求番号:E9320-203