閉じる

> 新潟県立文書館> 所蔵文書案内> 複製新聞 

新潟県立文書館

〒950-8602 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番2号

TEL 025-284-6011(代表)/ FAX 025-284-8737

E-MAIL archives@mail.pref-lib.niigata.niigata.jp

CSS

大文字んCSS

検索

複製で閲覧できる新聞

 
収蔵期間内の全ての新聞が揃っているわけではありません。どの新聞にも欠号があります。
所蔵検索で確認ができます。

新聞名(及び新聞の概略)収蔵期間(始年~終年)
出雲崎月報出雲崎月報社発行、月2回。大正3年から「出雲崎新報」と改称。明治45年~大正2年
出雲崎新報「出雲崎月報」から改称し、毎週日曜日発行。大正4年から「中越新報」と改称。大正3年
魚沼新報明治40年10月10日「越南新報」から改称。戦後は毎週日曜発行。明治40年~昭和23年
絵入新潟新聞絵入新潟新聞社発行日刊紙。明治21年12月29日新潟新聞社と合併し廃刊。明治18年~明治20年
越後大衆新聞越後大衆新聞社発行。毎月5日。昭和4年
越後毎日新聞越後毎日新聞社発行。昭和10年
越佐毎日新聞越佐新聞社発行日刊紙。明治15年~明治21年
越南新報越南新報社発行、月10回。明治40年10月10日から「魚沼新報」と改称明治34年~明治40年
蒲原大衆新報蒲原大衆新報社発行、月1回。昭和4年
基督教新聞(新潟県関係分) 明治18年~明治28年
佐渡新聞佐渡新聞社発行。隔日紙、明治39年からは日刊。明治30年~大正7年
佐渡日報佐渡日報社発行の日刊紙。大正4年~昭和13年
佐渡毎日新聞佐渡毎日新聞社発行。明治43年~大正5年
佐渡民友佐渡民友社発行、月2回。明治45年
週刊サンデー新潟サンデー新潟社発行、日曜発行(昭和20年12月16日~)。 昭和26年12月2日より「新潟新聞」と改称。昭和24年~昭和26年
上越日報上越日報社発行の日刊紙。明治41年11月から「高田日報」と改称。明治40年~明治41年
新佐渡 大正4年~大正12年
大衆時報大衆時報社発行。毎月5日と20日。昭和6年
高田日報上越新報社が高田日報社と社名変更し、旧称「上越新報」を改称して継続。明治41年~昭和15年
中越新報出雲崎月報社が中越新報社と社名変更し、旧称「出雲崎月報」を改称して継続。大正4年~昭和14年
東北時報東北時報社発行。月3回、のち週刊。大正10年~昭和14年
東北日報東北日報社発行の日刊紙。明治41年4月~大正3年10月は「新潟 東北日報」。大正3年11月「東北日報」と復称するが、その後「新潟 新聞」と合併。明治31年~明治41年 ・大正3年
東北日報商況 明治37年~明治39年
十日町新聞十日町新聞社発行、月6回。明治41年~昭和13年
新潟映画新聞 昭和29年
新潟隔日新聞「北湊新聞」を改称したものといわれる。明治6年~明治7年
新潟県中央新聞「北越新報」が改称して継続。昭和17年11月から「新潟日報」に統合。昭和15年~昭和17年
新潟公友(表紙集) 明治40年~大正2年
新潟商業新報 明治28年
新潟新聞新潟新聞社発行の日刊紙。大正5~6年にかけて「日刊新潟」 「新潟日報」「新潟新報」と改称。昭和16年8月から「新潟日日 新聞」へ改称。明治10年~昭和16年
新潟新聞(旧サンデー新潟)「週刊サンデー新潟」を改称(昭和26年12月~)昭和26年~昭和28年
新潟新報大正5年12月に新潟社の「新潟日報」を新潟新聞社が引継ぎ、 「新潟新報」と改称。大正6年8月から新潟新聞社の「新潟新聞」 に戻る。大正6年
新潟スポーツ新潟運動社発行の週刊紙。第1~12号。県内外開催の競技会で の県人の記録。昭和22年
新潟大衆新聞新潟市・野口伝兵衛編刊。月3回。昭和2年
新潟大勢新聞 昭和12年~昭和13年
新潟東北日報 明治41年~大正3年
新潟日日新聞(昭和)新潟新聞社と新潟毎日新聞社が合併。昭和17年11月から「新潟 日報」へ。昭和16年~昭和17年
新潟日日新聞(明治)新潟日日新聞社発行の日刊紙。明治18年
新潟日曜新聞日曜社から日曜日と大祭翌日に発行。「東北日報」読者に無料配布。明治37年~明治43年
新潟日報新潟社が「日刊新潟」を改称して継続発行。大正5年12月に新潟 新報社の「新潟新報」に変わる。大正5年
新潟日報新潟日報社発行の日刊紙。「新潟日日新聞」より続く。昭和17年~昭和53年
新潟日報夕刊昭和27年7月1日から。昭和27年~昭和28年
新潟毎日新聞新潟毎日新聞社発行の日刊紙。明治43年~昭和16年
新潟毎夕新聞 昭和8年
西蒲新報西蒲新報社発行、月2回。大正13年~大正14年
日刊新潟新潟社が「新潟新聞」を引継いで発行。大正5年11月16日から 「新潟日報」と改称。大正5年
農村新聞農村新聞社発行の月刊紙。昭和11年
萬国新聞紙英国領事館牧師ベイリーの発行。慶応3年
仏教新聞仏教会編集、月3回5の日。明治19年~明治20年
北越新聞北越新聞社発行。明治14年
北越新報北越新報社発行の日刊紙。昭和15年12月から「新潟県中央新聞」 と改称。大正12年~昭和15年
北湊新聞B5版相当の美濃版袋綴じ。県職員坪井良作が県活版所を民営 化して明治5年2月から発行。明治5年
毎日新聞戦時版 昭和19年~昭和20年
まいにちひらがなしんぶんし明治6年2月創刊の日刊紙。明治7年には廃刊。明治6年
「明治」新潟日報新潟日報社発行の日刊紙。明治37年
夕刊新潟日報「夕刊ニイガタ」が昭和25年からニイガタ日報社と合併して「夕刊 新潟日報」と改称。昭和25年~昭和27年
夕刊ニイガタ新潟日報社系列の夕刊新潟社発行の日刊紙。のち「夕刊新潟 日報」「新潟日報夕刊」と改称。昭和21年~昭和24年
夕刊北越新報北越新報社発行。新潟日報社と合併後、昭和25年7月2日から 長岡支社が継続。昭和27年7月から「新潟日報夕刊」に統一。昭和24年~昭和27年