閉じる

> 新潟県立文書館> 催し物案内 

新潟県立文書館

〒950-8602 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番2号

TEL 025-284-6011(代表)/ FAX 025-284-8737

E-MAIL archives@mail.pref-lib.niigata.niigata.jp

CSS

大文字んCSS

検索

催し物案内


 新潟県立文書館では、所蔵資料等を活用した新潟県の歴史についての講座と展示を行っています。新潟県の歴史を学ぶ機会として多くの皆様のご利用をお待ちしております。
 

平成29年度 主催講座

◆古文書講座…2回、又は3回連続のくずし字の解読に関する講座です。(各回とも13:30~15:30)

講座名期日会場定員申込開始日
はじめての古文書講座(春季)5月17日、24日、31日(水)共同研修室1・215名4月18日(火)
はじめての古文書講座(冬季)11月29日、12月6日、13日(水)共同研修室1・215名11月1日(水)
古文書初級解読講座(夏季)

Aコース;6月27日、7月4日(火)

Bコース;6月29日、7月6日(木)

文書館大研修室各60名各コースとも
 5月24日(水)
古文書初級解読講座(冬季)

Aコース;1月17日、24日(水)

Bコース;1月19日、26日(金)

文書館大研修室各60名各コースとも
12月5日(火)
古文書解読講座(夏季)7月26日、8月2日(水)文書館ホール180名6月20日(火)
古文書解読講座(冬季)2月7日、14日(水)文書館ホール180名1月5日(金)
 

◆文書館歴史講座…特定のテーマで新潟県の歴史を探究する講座です。(各回とも13:30~15:30) 

講座名期日会場定員申込開始日
第1回文書館歴史講座7月1日(土)文書館ホール180名5月31日(水)
第2回文書館歴史講座11月25日(土)文書館ホール180名10月17日(火)
第3回文書館歴史講座3月10日(土)文書館ホール180名2月1日(木)
 

◆文書館教養講座…所蔵資料等を用いて、新潟県の歴史について掘り起こしていく講座です。
(各回とも13:30~15:00)

講座名期日会場定員申込開始日
第1回文書館教養講座6月7日(水)文書館ホール180名4月28日(金)
第2回文書館教養講座8月9日(水)文書館ホール180名6月29日(木)
第3回文書館教養講座9月6日(水)文書館ホール180名8月2日(水)
第4回文書館教養講座9月27日(水)文書館ホール180名8月22日(火)
第5回文書館教養講座10月18日(水)文書館ホール180名9月6日(水)
第6回文書館教養講座11月15日(木)文書館ホール180名10月10日(火)
 

◆特別企画展解説講座

 10月31日(火)~11月12日(日)に開催する特別企画展をより楽しんでいただくための講座です。文書館職員が講師となり展示資料やテーマについて解説します。2回とも同じ内容です。(各回とも13:30~14:30)
期日会場定員申込開始日
11月2日(木)
11月9日(木)
文書館大研修室60名10月3日(火)
 

〇共通事項

・各講座ごとに申込みが必要です(申込開始日厳守)。
・古文書講座はテキスト複写料金(100円程度)が必要です。
・定員に達した場合、申込を打ち切らせていただくこともあります。

 

展示

◆平成28年度企画展示

 
展示期間
テーマ
主な展示内容

4/19(火)

 ~5/29(日)

終了しました

人として 婦人として 国民として
―新潟県の近代女子教育の夜明け―

今回の展示では、江戸時代と明治時代の女子教育の移り変わりを教科書からひもときます。

                    

5/31(火)

 ~7/3(日)

終了しました

地券じゃない"地券”!?

今回の展示では、明治6(1873)年に地租改正を実施されたときの地券と、実施される以前に交付された貴重な"地券”から近代化政策の一面を探っています。

7/5(火)

 ~8/7(日)

終了しました

新潟に山際あり ①国会開設建白

明治7(1874)年に民撰議院設立建白書が政府に提出されました。今回の展示では、自由民権運動が始まったとき、新潟県で民撰議院設立に情熱を注いだ山際七司の活動を紹介しています。

8/9(火)

 ~9/11(日)

終了しました

想いを運ぶ郵便制度

明治4(1871)年に日本の郵便制度が始まりました。そして、明治6(1873)には、日本全国均一料金で手紙が出せるようになりました。今回の展示では、近代郵便制度の成り立ちと人々がどのようにして郵便を利用していたのかを紹介しています。

9/13(火)

 ~10/30(日)

終了しました

ある海辺の村の歴史
-近世の五十嵐浜村-

五十嵐浜村は、北東から南西に延びる新潟砂丘上に立地し、広く日本海に面していた村でした。今回の展示では、海の恵みを受けながらも砂防や海防に苦慮した五十嵐浜のすがたを、当館所蔵文書見ていきます。

11/14(火)

 ~12/25(日)

終了しました

直筆史料で探る福澤諭吉

福澤諭吉の生涯や考え方、また国民に残されたメッセージはあまり知られていません。今回の展示では、当館に寄託されている貴重な福澤の直筆原稿や書簡、書物を通して、福澤諭吉の真実に迫ります。

1/17(火)

 ~3/5(日)
終了しました

旅人を魅了した越後の名所

 江戸時代、東北地方の人々にとっては、越後はお伊勢参りや上方への通り道でもあり、信州の善光寺参詣のついでに越後へ足を伸ばす人も見られるようになりました。越後を訪れた人々が見て廻った名所や名物を所蔵資料から見ていきます。

3/7(火)

 ~4/23(日)

兵士が見た日露戦争
-戦地とかわされた手紙-

 明治37年(1904)2月に始まった日露戦争は、大国ロシアを相手にした大規模な近代戦争でした。県内からも戦地へ赴いています。今回の展示では兵士が戦地から家族へ宛てた手紙を通して、兵士を支えた家族の想いなどを見ていきます。

 

◆平成28年度特別企画展

子どもは何を学んだのか ―江戸から現代までの教科書の世界― 終了しました

期間11/1(火)~11/13(日)
内容 いつの時代も子どもは学びを求められました。何を学ぶか、どのように学ぶかは時代によって変化します。江戸時代から現代まで、文書館が所蔵する各時代の教科書を通して、子どもに求められた学びを探っていきます。ぜひ、文書館に来館し時代の移り変わりを教科書から感じ取ってください。

  

◆平成27年度特別企画展

明治を駆け抜けた教育者 ―長善館学塾資料群が語るもの― 終了しました

期間10/27(火)~11/8(日)
内容 人を教え育てる。そのむずかしさ、そのすばらしさに魅せられ、あまたの教育者が自らの信じる教育を人々の期待にこたえ、実践してきました。その一端を記した歴史資料が文書館に保存されています。それが、新潟県指定文化財「長善館学塾資料」です。
文化の秋、文書館は「長善館学塾資料群」を活かした、明治の教育者の姿に迫る企画を行います。現物の歴史資料が語る明治を駆け抜けた教育者に出会える絶好の機会です。ぜひ、文書館に来館して体感してください。

特別1 特別2 特別3