新潟県立文書館

〒950-8602 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番2号

TEL 025-284-6011(代表)/ FAX 025-284-8737

E-MAIL archives@mail.pref-lib.niigata.niigata.jp

閉じる

> 新潟県立文書館> 催し物案内 

検索

催し物案内


 新潟県立文書館では、所蔵資料等を活用した新潟県の歴史についての講座と展示を行っています。新潟県の歴史を学ぶ機会として多くの皆様のご利用をお待ちしております。
 

平成31年度 主催講座

◆古文書解読講座…所蔵資料を教材に、2回又は3回連続の古文書(くずし字)の解読に関する講座です。(各回とも13:30~15:30)

講座名期日会場定員申込開始日
はじめての古文書講座(春季)5月15日、22日、29日(水)制作演習室15名4月16日(火)
はじめての古文書講座(夏季)7月13日、20日、27日(土)制作演習室 15名 6月13日(木)
はじめての古文書講座(秋季) 11月14日、21日、28日(木) 制作演習室 15名10月11日(金)
はじめての古文書講座(冬季)1月15日、22日、29日(水)共同研修室1・215名12月13日(金)
古文書初級解読講座(夏季)

Aコース;6月26日、7月3日(水)

Bコース;6月28日、7月5日(金)

文書館大研修室各60名各コースとも
5月24日(金)
古文書初級解読講座(冬季)

Aコース;12月4日、11日(水) 

Bコース;12月7日、14日(土)

文書館大研修室各60名各コースとも
11月1日(金)
古文書解読講座(夏季)8月21日、28日(水)文書館ホール180名7月19日(金)
古文書解読講座(冬季)2月19日、26日(水)文書館ホール180名1月17日(金)
 

◆文書館歴史講座…特定のテーマで新潟県の歴史を探求する講座です。講師は県内外の歴史研究者を予定しています。(各回とも13:30~15:30) 

講座名期日会場定員申込開始日
第1回文書館歴史講座6月29日(土)文書館ホール180名5月17日(金)
第2回文書館歴史講座11月30日(土)文書館ホール180名10月18日(金)
第3回文書館歴史講座3月7日(土)文書館ホール180名1月28日(火)


◆文書館教養講座…所蔵資料や『新潟県史』をベースに、文書館職員が講師となり、新潟県の歴史を掘り起こしていく講座です。(各回とも13:30~15:00)

講座名        期日会場定員申込開始日
第1回文書館教養講座9月5日(木)文書館ホール180名8月2日(金)
第2回文書館教養講座10月9日(水)文書館ホール180名9月6日(金)
第3回文書館歴史講座12月18日(水)文書館ホール180名11月15日(金)
 

◆特別企画展解説講座

 10月29日(火)~11月10日(日)に開催する特別企画展をより楽しんでいただくための講座です。文書館職員が講師となり展示資料やテーマについて解説します。A・Bともに同じ内容です。(各コースとも13:30~14:30)

特別企画展解説講座
期日会場定員申込開始日
Aコース;10月30日(水)
Bコース;11月6日(水)
文書館大研修室60名各コースとも9月27日(金)
 

〇共通事項

・各講座ごとに申込みが必要です(申込開始日厳守)。
・古文書講座はテキスト複写料金(100円程度)が必要です。
・定員に達した場合、申込を打ち切らせていただくこともあります。

 

展示

◆平成29年度企画展示

 
展示期間
テーマ
主な展示内容

4/25(火)

 ~6/11(日)

手で書く、刷る、焼く。
所蔵資料で語る印刷小史

 文書館が保存している資料は、その記録方法や複製方法の変遷も示してくれています。今回の展示ではその一端を紹介します。                    

6/13(火)
 ~7/30(日) 
 興味は尽きない
~番付に見る越後のあれこれ~
  今回の展示では、当館所蔵の様々な番付表から、近世・近代の人々が越後のどのようなことに興味を抱いていたのかを探っていきます。 
 8/1(火)
 ~9/10(日)
 見附にいた俳人 六合庵茶山  今回の展示では、俳人六合庵茶山と江戸時代後半の越後見附で親しまれた俳諧の一端を、当館所蔵の渋谷家文書を中心に紹介します。
 9/12(火)
    ~10/30(日)
 手紙から読み解く明治時代の女性  今回の展示では、明治時代の女性の手紙の特徴である変体仮名と、手紙の中に見られる明治時代の女性の姿を紹介していきます。
5 11/14(火)
 ~12/17(日)
 江戸時代の新潟町-商家の世界-  今回の展示では、当館所蔵の魚問屋片桐家の資料から新潟町の商業、商家の世界を紹介しています。
6 1/5(金)
 ~2/18(日)
 山際シキと家族の絆
  -山際家文書をひもとく―
  今回の展示では、山際シキや家族などの手紙を紹介しながら、明治中期の家族の様子や学校生活について紹介します。
 2/20(火)
  ~4/1(日)
 所蔵資料から見る妙高国体1981 今回の展示では、当館所蔵資料の昭和56年(1981)に妙高で開催された第36回冬季国体を紹介します。


◆令和元年度特別企画展

江戸時代の庄屋さまは超多忙!? ―越後・佐渡の村役人の世界―  終了しました

期間10/29(火)~11/10(日)
内容江戸時代には、優れた事務処理能力・文書処理能力を持った庄屋がそれぞれの村にいて、地方行政の末端を支えていました。その様子は、旧庄屋家などに保管されてきた村方文書によって知ることができます。庄屋をはじめとする村役人の仕事を、当館所蔵文書から紹介しました。


    


◆平成30年度特別企画展

幕末から明治へ ―激動の時代と越後・佐渡―  終了しました

期間10/30(火)~11/11(日)
内容開国から戊辰戦争・明治維新の激動の時代に、越後や佐渡では台場築造や農兵隊の結成など時代に対応した活動が見られました。特別企画展では幕末から明治の越後・佐渡の人々の様子を当館所蔵文書から紹介しました。


    



◆平成29年度特別企画展

地図にみるふるさとのすがた ―描かれた越後・佐渡―  特別企画展チラシ.pdf  終了しました

期間10/31(火)~11/12(日)
内容 地図を「ある地域の地理情報を表現した図版」ととらえ、江戸・明治期等に作られた新潟県のさまざまな地図を通して、新潟県の歴史や魅力を見つめ直し、再発見していきます。
 ぜひ、文書館に来館しさまざまな地図を手にとり、先人が地図に描いて伝えようとした新潟県のすがたを感じ取ってください。

 

   

◆平成28年度特別企画展

子どもは何を学んだのか ―江戸から現代までの教科書の世界― 終了しました

期間11/1(火)~11/13(日)
内容 いつの時代も子どもは学びを求められました。何を学ぶか、どのように学ぶかは時代によって変化します。江戸時代から現代まで、文書館が所蔵する各時代の教科書を通して、子どもに求められた学びを探っていきます。ぜひ、文書館に来館し時代の移り変わりを教科書から感じ取ってください。

  

◆平成27年度特別企画展

明治を駆け抜けた教育者 ―長善館学塾資料群が語るもの― 終了しました

期間10/27(火)~11/8(日)
内容 人を教え育てる。そのむずかしさ、そのすばらしさに魅せられ、あまたの教育者が自らの信じる教育を人々の期待にこたえ、実践してきました。その一端を記した歴史資料が文書館に保存されています。それが、新潟県指定文化財「長善館学塾資料」です。
文化の秋、文書館は「長善館学塾資料群」を活かした、明治の教育者の姿に迫る企画を行います。現物の歴史資料が語る明治を駆け抜けた教育者に出会える絶好の機会です。ぜひ、文書館に来館して体感してください。

特別1 特別2 特別3