閉じる

> 文書館のお知らせ 

新潟県立文書館

〒950-8602 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番2号

TEL 025-284-6011(代表)/ FAX 025-284-8737

E-MAIL archives@mail.pref-lib.niigata.niigata.jp

CSS

大文字んCSS

検索

文書館のお知らせ >> 記事詳細

2014/02/06

文書館基礎講座第3回「地震史料が語りつぐ記憶」を開催しました

| by cookie
 平成26年2月6日(木)に文書館基礎講座の第3回「地震史料が語りつぐ記憶」を開催しました。

 第3回は、当館が所蔵している地震に関する古文書や写真を紹介しました。参加者は、新潟地震をはじめとする貴重な資料を見ることで、地震の脅威を再確認しつつ、様々な思いを抱きながら熱心に受講されていました。 

 以下、第3回の講座内容を概略で紹介します。

 江戸時代の弘化4年(1847)3月24日の善光寺地震に関して、旧大潟おおがた町笠原家文書や小千谷おぢや中町家文書には、地震による越後の被害状況やその影響について克明に描かれていました。
 大正12年(1923)9月1日に発生した関東大震災のときには、新潟県が行った避難者の受け入れや、救済の在り方などが新潟県公文書や旧佐渡郡役所文書に記されていました。そして、昭和39年(1964)6月16日に発生した新潟地震については、当時の道路・建物などの被害状況を写真資料から見ていきました。
 災害に立ち向かい、困難を乗り越えてきた人々の記録は、後世に貴重な教訓として防災・減災の意味を教えてくれる貴重な歴史資料でもあります。


【講座の様子】

 講座で紹介された資料を一部紹介します。


上山かみやま藩主松平家家中奥山家文書(請求記号E9316-7)】


【新潟地震の時の新潟駅構内の様子(請求記号 H95企画5~8・11)】


【新潟地震後の様子(請求記号 H10土道管1)】
16:44 | 平成25年度