閉じる

> 文書館のイベント 

新潟県立文書館

〒950-8602 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番2号

TEL 025-284-6011(代表)/ FAX 025-284-8737

E-MAIL archives@mail.pref-lib.niigata.niigata.jp

CSS

大文字んCSS

検索

文書館のイベント >> 記事詳細

2016/09/13

企画展「ある海辺の村の歴史」を開催しました

| by cookie
 ※以下は紹介文です。
 新潟県立文書館では、平成28年度第5回企画展「ある海辺の村の歴史-近世の五十嵐浜村-」を開催しています。

 五十嵐浜村は、北東から南西に延びる新潟砂丘上に立地し広く日本海に面していた村でした。江戸時代長岡藩領でしたが、後に幕府や会津藩など複数の領主が支配する状態となり、慶応3年(1867)からは幕府領となりました。五十嵐浜村は、砂地のため耕地は少なく、 漁業が中心の村でした。 今回の展示では、海の恵みを受けながらも砂防や海防に苦慮した五十嵐浜の姿を、当館所蔵文書から見ていきます。

1 テーマ     「ある海辺の村の歴史-近世の五十嵐浜村-」

2 期 間     9月13日(火)~10月30日(日)

3 会 場     新潟県立文書館1階エントランスホール及び2階閲覧室

4 主な展示資料  「五十嵐浜村絵図」 「御往来一件二付赤塚村出入書留帳」
          「海辺附村々書上帳」 「五十嵐浜村の台場絵図」 ほか

以下は展示の一部です。
 
【五十嵐浜村の台場絵図  安政5(1858)年10月】(請求記号 E1313‐144)

 台場とは砲台のことで、五十嵐浜村に砲台が設置された場所を示しています。絵図の中では黄色に着色されていて、砂丘上に築かれたことが分かります。  ※実際の絵図は、2階文書館閲覧室に展示してあります。

 以下は展示の解説です。
 
20:52 | 28年度