閉じる

> 新潟県立文書館> インターネット古文書講座> 第61回~第70回> 第70回> 第70回 解読文・解説 

新潟県立文書館

〒950-8602 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番2号

TEL 025-284-6011(代表)/ FAX 025-284-8737

E-MAIL archives@mail.pref-lib.niigata.niigata.jp

CSS

大文字んCSS

検索

〔 第70回 解読文・解説 〕

 

解読文

 

解説

これは「懐中貯良薬」とかかれた旅のお供の薬入れです。



幅16センチ、高さ6.2センチの二つ折りで、写真は象牙の爪をとって広げたところです。
黒丸子(くろがんし)、龍脳丸(りゅうのうがん)、奇応丸(きおうがん)、萬金丹(まんきんたん)、益寿丸(えきじゅがん)、薄荷塩(はっかじお)など名前と薬効が書かれた薬袋が折りたたまれています。気付け、発熱、のぼせ、腹痛、歯痛など旅の途中で病にかかったときに有効な薬ばかりです。本家製法所、大阪備後町の吉田屋伊兵衛によるものとあります。

資料請求番号:F40-491