閉じる

> 新潟県立文書館> インターネット古文書講座> 第61回~第70回> 第65回> 第65回 解読文・解説 

新潟県立文書館

〒950-8602 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番2号

TEL 025-284-6011(代表)/ FAX 025-284-8737

E-MAIL archives@mail.pref-lib.niigata.niigata.jp

CSS

大文字んCSS

検索

〔 第65回 解読文・解説 〕

 

解読文





 

解説

野中才村は旧西蒲原郡分水町(燕市)。奥州街道、三国街道筋にあたり商品の流通、人馬の通行は東国第一の激しさである。近来当国一統(越後国)は雪が積もらないので、秋中ごろより街道の通行が激しく、往還が痛んでおり、支障がでては困る。土持普請と違い西川より砂敷を入れ込んで行う普請なので、当村だけではたいへんである。三組の人足を差し出して普請に取り掛かるようご命令ください、という内容の文化5年(1808)の文書です。

資料請求番号:E9320-405