閉じる

> 新潟県立文書館> 所蔵文書案内> 公文書の概要 

新潟県立文書館

〒950-8602 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番2号

TEL 025-284-6011(代表)/ FAX 025-284-8737

E-MAIL archives@mail.pref-lib.niigata.niigata.jp

CSS

大文字んCSS

検索

公文書の概要

 

■ 管理委任文書

「新潟県文書規程第55号の2」に基づき、県立文書館長に管理を委任された県庁各課の公文書を公開しています。原課により非公開指定があるもや、個人情報保護等の理由により閲覧が制限されているものが一部あります。
利用にあたっては閲覧室備え付けの『新潟県公文書簿冊目録』で検索して下さい。

《 主な明治期の公文書 》
・社寺除地明細書類〔土木部監理課・明治6年〕
・勤王家履歴届(戊辰戦争従軍者)〔総務部人事課・明治11年〕
・寺院宝物古器物古文書目録〔教育庁文化行政課・明治12年〕
・郡長意見並ビニ戸長惣代答申書類〔総務部市町村課・明治21年〕
・保安林台帳〔農林水産部治山課・明治33年~〕
・河川管理書類〔土木部河川課・明治38年~〕

■ 旧相川県・旧佐渡郡役所文書・旧佐渡支庁文書〔明治2年~昭和38年〕

明治4(1871)年に設置され、明治9(1876)年に新潟県に合併された相川県、同県廃止後の相川支庁、明治12(1879)年より三郡連合として相川に設置された雑太加茂羽茂郡役所、明治29(1896)年に同所が統合されて大正15(1926)年まで存続した佐渡郡役所、その後の佐渡支庁でそれぞれ作成・保管されていた公文書等の一部で、旧県史編さん室に移管されていたものです。
明治2(1869)年以来の佐渡県文書を一部含みます。

■ 新潟県治報知・新潟県報〔明治6年~〕

明治6(1873)年7月、県令楠本正隆が活字印刷による公報の必要性を考え、県に活版所を設置して新潟県治報知の頒布を開始しました。当初の内容は、官省及び県の布告指令・賞罰・管理の任免・物価等です。明治23(1890)年1月より「新潟県公報」が発行され、さらに明治35(1902)年2月からは「新潟県報」と改題されました。県政の歴史をたどる最も重要な公文書の一つです。
現在の県報は条例・規則・その他の公示事項が登載され、新潟県報発行規則に基づき定期的に発行されています。

なお、当館では昭和20年までの県報が複製で閲覧できます。所蔵検索システムで検索してください。

■ 新潟県神社寺院仏堂明細帳〔明治16年〕

新潟県は明治16(1883)年、本庁乙第59号達により社寺の明細帳の再調整を命じました。神社では祭神・由緒・殿舎間数等、寺院では本尊・由緒・堂宇間数等の記載があり、その後の追加や補訂も見られます。旧県史編さん室から県立文書館に引き継がれ、複製物による全県分の閲覧が可能です。所蔵検索システムで検索して下さい。