閉じる

県立トップページ > 探す・調べる> 県立図書館の資料を探す> 『新潟県のあゆみ』を読む 

「新潟県のあゆみ」を読む 目次

 
目次を選択してください。

第1章 原始古代の越後・佐渡
第2章 中世の越後・佐渡
第3章 近世社会の成立
第4章 近世社会の動揺
第5章 近代国家の形成と新潟県
第6章 二つの大戦と新潟県
第7章 現代の新潟県




凡例

第1章 原始古代の越後・佐渡
第一節 狩猟採集の生活
一 旧石器時代の社会
  日本海の形成 貝坂遺跡の発掘
ニ 縄文文化と社会
  小瀬ヶ沢・室谷洞窟の発掘 刈羽貝塚と海進 火焔土器の誕生
  縄文人の生活 土器の多様化と籠峰遺跡
第ニ節 農耕の始まりと古墳文化
一 弥生文化の波及
  弥生文化の波及と村尻遺跡 稲作農耕の定着 武装する村
ニ 古墳文化の展開
  菖蒲塚古墳と北限の古墳文化 村落生活の向上 群集墳の展開
第三節 越後国・佐渡国の成立
一 渟足柵と磐舟柵
  大和政権と越国 越の辺の蝦夷 渟足柵・磐舟柵の役割と所在
  阿倍比羅夫の蝦夷征討
ニ 律令国家と農民
  越後・佐渡国の成立 越後・佐渡国の変遷と性格 越後国の国府と越後城
  越後・佐渡国の国府と国分寺 越後・佐渡国の郷 農民の負担
  越後・佐渡国の駅制と運輸
第四節 荘園と武士
一 荘園と国衙領
  越後国初期荘園 越後・佐渡国の封戸 国司の政治
  荘園公領制の成立
二 在地領主城氏
  地方武士団の長城氏 城氏の越後支配 治承・寿永の内乱と城氏
三 古代の文化
  沼名河の玉と乙寺の猿 越佐の神々と浄土への願い

第2章 中世の越後・佐渡
第一節 鎌倉御家人の入国
一 地頭の支配
  越佐の守護と地頭 地頭の在地支配 鎌倉末期の動き
ニ 荘園の住人たち
  名主・在家・下人 市と職人
第ニ節 守護上杉氏と国人
一 南北朝の動乱
  動乱の開始 上杉氏と長尾氏
ニ 守護と国人
  国人の成長 応永の大乱 安定から戦国の世へ
第三節 中世の文化
一 中世の信仰
  越後の神々 密教系の諸派 念仏する人びと
  真宗王国の基礎 曹洞宗四箇の道場 日蓮宗の動き
二 生活と文化
  町と村 街道の文化財
第四節 戦国の世
一 下剋上
  戦国の幕開け 為景から晴景へ
ニ 上杉謙信
  謙信登場 越後国王から関東管領へ 合戦と外交
三 景勝と兼続
  御館の乱 景勝上洛 佐渡と庄内
  あいつぐ豊臣軍役
四 検地と金山
  戦国時代の町と村 陸上交通と水上交通 検地と諸負担
  金銀山の支配
五 上杉支配の終幕
  豊臣政権内部の対立 国替え

第3章 近世社会の成立
第一節 幕府と藩の支配
一 堀氏と越後一揆
  堀氏の入封と越後一揆 堀氏の改易
ニ 小藩分立
  松平氏の支配 小藩分立
三 初期藩政の展開
  高田藩 長岡藩三条藩 新発田藩村上藩
  地方知行から蔵米知行へ
四 幕領の成立
  越後の幕領 佐渡奉行所の支配
第ニ節 村と農民
一 村の支配と構造
  肝煎と大庄屋 検地と年貢 村の構造
ニ 五人組制度と村極
  五人組帳と村極 割地
三 逃散と越訴
  走百姓と村方騒動 四万石騒動と与茂七騒動
第三節 新田開発と産業
一 農業の発達
  農業技術の進歩と農書 農業経営の変化
ニ 新田開発
  大瀁郷と前期の開発 紫雲寺潟と中・後期の開発
三 諸産業の発達
  流通の発展と産業 地域向け商品生産
第四節 町の発展
一 城下町の成立
  近世城下町の建設 城下町の構成と身分制度 城下商業の保護
  支配組織と町民の構造
ニ 港町の発展と在町の成立
  新潟港の発展 直江津今町の盛衰 在町の成立
三 街道と舟運
  宿駅と河川交通 往来と商品流通

第4章 近世社会の動揺
第一節 幕藩支配の転換
一 頸城郡質地騒動と幕領政治の動向
  頸城郡質地騒動 代官所経費の改正と幕領新田検地 今泉古川跡新開
  享保改革と佐渡
ニ 諸藩の財政窮乏と藩政
  高田藩 長岡藩 新発田藩 村松藩 村上藩
三 宝暦・天明の飢饉
  越後の飢饉と対策 佐渡の飢饉と対策
四 高まる一揆と騒動
  佐渡国寛延越訴と明和一揆 村松全藩一揆と蒲原岩船郡騒動
第二節 村と町の変貌
一 新しい村の動き
  中小農民の台頭と村の階層分化 他国稼ぎ他国移住
ニ 地主制の展開越後の大地主 地主と小作人
三 港町の変貌と在町の発展
  新潟町の変貌と明和騒動 直江津今町の変貌 在方商業の発達
第三節 特産物の生産と流通
一 特産物生産の展開
  縮と紬 酒 茶
  紙 漆 金物業
ニ 海運
  敦賀と結んだ越佐海運 西廻り海運と越佐 松前海運と越佐
第四節 近世文化の形成
一 近世文化の芽ばえ
  西国の影響と越佐文化 庶民文化の広がり
ニ 教育と学問
  藩学の展開 寺子屋の普及 郷村の学問
  和算と洋学
三 文芸の興隆と文人
  遊学者と来遊者 良寛とその周辺 鈴木牧之と北越雪譜
  庶民文芸の開花
四 信仰の広がりと深まり
  越佐の寺 庶民と寺 神社と国学
五 庶民の生活
  衣 食 住 盆と正月
第五節 幕藩支配の終末
一 天保改革と幕領・藩領
  天保飢饉と越後・佐渡 生田万の乱と佐渡一国一揆 越後・佐渡における天保期の改革
ニ 開国と幕領・諸藩の政治
  異国船の渡来と海防問題 新潟開港 開国と幕領諸藩の動向
三 維新前夜の民衆
  不穏な世相 尊攘運動の高まり

第5章 近代国家の形成と新潟県
第一節 新潟県の誕生
一 北越戊辰戦争
  奥羽越列藩同盟  北越の攻防
ニ 越後府
  年貢半減 府県の統治 廃藩置県
三 県政の確立
  悌輔騒動 県治改革
四 開化政策の進展
  地租改正 勧業・勧農 文明開化
第ニ節 自由民権運動と県政
一 自由民権運動
  自由民権運動の開幕 国会開設の運動 政党の結成
  高田事件と民権運動の衰退
ニ 県会と県政
  地方三新法と町と村 初期の県会 信濃川治水と新潟築港問題
  信越鉄道敷設運動 松方デフレと新潟県
三 在来産業と近代産業
  農事通信員と農談会 漁業権をめぐる対立 伝統産業の新しい動き
  石油・鉱山・金融業の近代化
四 新市町村の誕生
  東蒲原郡の編入 新潟県の町村合併
第三節 地主王国の形成
一 県政と政党
  憲法発布と県下の政党 県政と荒れる県会 日清戦争と県民生活
  府県制・郡制の施行と町村合併
ニ 地主制の発達と大地主
  地主王国 大地主の小作地支配と小作米販売 大地主の企業投資
三 企業勃興と県産業
  銀行の展開と商業会議所の設立 近代石油業の成立 製糸業と織物業の展開
  鉄道の敷設と海運の発達
四 生活難と民衆
  明治二十三年の米騒動 社会問題化する水害 出稼ぎと移民
  女性の社会ヘの進出
第四節 日露戦後経営
一 県政と県政界の再編
  日露戦争と戦後の県政 地方改良運動の展開 政友会勢力の復活と政争の激化
  立憲同志会から憲政会へ
ニ 日露戦争後の農林水産業
  大河津分水工事と治水事業 農事改良と移出米検査 林業の勃興
  北洋漁業の展開
三 公共事業と県民生活
  鉄道・道路と通信 港湾と航路 都市の発展
四 教育と文化
  就学率の向上 中等教育と専門教育 郷土の文化
  宗教と民衆

第6章 二つの大戦と新潟県
第一節 第一次世界大戦と社会の変貌
一 県政の動き
  坂知事の県是設定 戦後経営と県政 政友会勢力の盛衰
  郡制の廃止
ニ 地主経済の繁栄と後退
  第一次世界大戦と農村の変化 地主経済の明と暗
三 大正デモクラシーと社会運動
  米騒動と民衆 大正デモクラシーと自由大学 普選運動と労働運動
四 県産業の発展と村の暮らし
  農業・漁業の発展 躍進する鉱工業 農山漁村の暮らし
五 小作争議と農民運動
  三升米事件 地主会と小作人組合 三大小作争議
第ニ節 昭和恐慌と県民生活
一 窮乏の農村
  農村恐慌 地主経済の窮迫 農民運動と社会運動
ニ 恐慌下の県政
  県政と県会 普通選挙と無産政党 満州事変下の県政と県民
三 近代産業の発展
  交通網の充実 水力電気と化学工業の発達 中小商工業と金融業の再編
  人絹織物の発展
四 教育と文化
  恐慌下の教育と教育運動 都市の生活と文化 文化活動の興隆
  スポーツ
第三節 第二次世界大戦と県民
一 県民の戦争への動員
  銃後行政の開始と政党の衰退 国民精神総動員運動の展開 部落会・町内会と隣組
  大政翼賛会県支部の結成と銃後団体の整備 食糧増産運動 地方事務所の開設
ニ 産業の統制と統合
  重化学工業の進展 重要産業の統制と統合 農業統制と農業労働力の流出
三 戦争と県民
  農民運動の変容 満州移民 戦時下の教育と生活文化の統制
  太平洋戦争と郷土兵 本土決戦体制と空襲

第7章 現代の新潟県
第一節 平和の到来と戦後改革
一 敗戦と混乱
  敗戦と占領 戦後の混乱
ニ 戦後改革
  民主化の進展 農地改革 教育改革
三 復興への努力
  岡田県政 町村合併 経済再建
第三節 高度成長と県勢の発展
一 経済成長・安定期の県政
  昭和三十・四十年代の県政界 北村県政の推移 経済成長と塚田県政
  開発政策の転換と亘県政
ニ 県産業の発展と変動
  工業誘致の進展と方向転換 工業発展の動向 商業・流通界の動向
  農業の構造変化 公害問題の発生
三 災害と復旧
  大火と水害 地すべり豪雪・地震
四 大衆社会と社会政策
  生活の向上と意識の変化 交通・通信と観光 社会保障制度の充実
  同和対策と解放運動
五 文化の創造と発展
  教育の充実 マスコミの普及と新潟県の文化 宗教界の動向
  スポーツ
第三節 日本海時代の新潟県
  経済の安定成長と君県政 高速交通時代の到来 日本海時代へ

あとがき