閉じる

> 新潟県立文書館> 越後佐渡ヒストリア> [第73話]越後の出稼ぎ事情-海岸の村の場合- 

新潟県立文書館

〒950-8602 新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番2号

TEL 025-284-6011(代表)/ FAX 025-284-8737

E-MAIL archives@mail.pref-lib.niigata.niigata.jp

CSS

大文字んCSS

検索

[第73回]越後の出稼ぎ事情-海岸の村の場合-

 江戸時代、越後では出稼ぎが盛んに行われていました。越後で出稼ぎが多かった理由は、豪雪のほかにも、天候不順による冷害、干ばつ、水害などの自然災災害が多かったことなどによります。豪雪地帯は冬季間の出稼ぎが多かったのですが、海岸の村々からは一年を通じて出稼ぎに行きました。
 長岡藩領五十嵐浜村(現新潟市西区)も、出稼ぎが行われた海岸の村の一つでした。
 
当館所蔵の五十嵐浜村の文書から、その事情を探ってみます。

 嘉永6年(1853)の村の概要を記した帳簿である「明細帳」によると、五十嵐浜村は1,004石高余の大きな村で、家数は301軒、人口は男1,057人、女1,029人の計2,086人でした。ほとんどが農業に従事していましたが、大工が3軒ありました。

 「安政5年(1858根限者(ねかぎりもの)他方(たほう)(より)養子(ようし)旅稼留帳(たびかせぎとめちょう)」から、幕末の五十嵐浜村の出稼ぎの様子を知ることができます。 長岡藩では、他領や他国に稼ぎに行く人を、今の戸籍にあたる「人別帳」からはずしました。これを「根限(ねかぎ)り」と言い、期間は5年間としました。「根限り」願を出させたのは、出稼ぎに行った者が出稼ぎ先で犯罪に関わると、犯罪者の身元調査などで出身村にも迷惑がおよぶからです。この文書には、安政2(1855)から慶応3年(1867)の13年間の五十嵐浜村の「根限り」願いを出した者について記されています。出稼ぎに行ったのは、男75人、女42人の計117人で、当主の妻、兄弟、姉妹、子、孫と多岐にわたりますが、当主の出稼ぎは記されていません。これは、家を守る者が必要であったからだと思われます。

五十嵐浜村は、北国街道の交通の要地だったので、出稼ぎに行きやすかったかもしれませんが、越後では家を守りながら、出稼ぎで生計を維持する家が多かったという実態が見えてきます。



 
【根限者 他方ゟ養子 旅稼留帳】請求番号(E1313-143)